駐日イラン大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
駐日イラン大使館
سفارت جمهوری اسلامی ایران در ژاپن
Embassy of Iran in Tokyo.JPG
駐日イラン大使館(2014年)
所在地 日本の旗 日本
住所 東京都港区南麻布3-13-9
開設 1930年(公使館)
1955年(大使館)
大使 モルテザー・ラフマーニー・モヴァッヘド
ウェブサイト jp.tokyo.mfa.ir

駐日イラン・イスラム共和国大使館ペルシア語: سفارت جمهوری اسلامی ایران در ژاپن‎、英語: Embassy of the Islamic Republic of Iran in Japan)あるいは駐日イラン大使館ペルシア語: سفارت ایران در ژاپن‎、英語: Embassy of Iran in Japan)は、イラン日本首都東京に設置している大使館である。在東京イラン・イスラム共和国大使館ペルシア語: سفارت جمهوری اسلامی ایران در توکیو‎、英語: Embassy of the Islamic Republic of Iran in Tokyo)とも[1]

1930年7月、駐日イラン公使館が開設される。第二次世界大戦により日本・イラン間の国交および大使交換が停止されたが、いずれも戦後に再開され、1955年2月、公使館が駐日イラン大使館に昇格[2]1979年2月、革命によりイランの王制が崩壊したが、日本との国交は継承され駐日大使館も閉鎖されることなく現在に至っている。

所在地[編集]

日本語 〒106-0047 東京都港区南麻布3-13-9[3]
英語 3-13-9, Minami-Azabu Minato-Ku, Tokyo 106-0047[3]

大使[編集]

2018年9月10日より、モルテザー・ラフマーニー・モヴァッヘド特命全権大使を務めている[4]

歴代大使からは閣僚や中央銀行総裁、外務次官などを輩出している。具体例を挙げると、外務大臣ホセイン・ゴドゥス・ナハイーペルシア語版英語版(駐日大使在任期間、以下同: 1956~1958年)、ゴラームアッバース・アーラームペルシア語版英語版(1958~1959年)、マヌーチェフル・モッタキー(1995~1999年)の3名、中央銀行総裁がモハンマドホセイン・アーデリー(1987~1989年)、副首相がアブドルラヒーム・ゴヴァーヒー(1982~1987年)、外務次官がアッバース・アラーグチー(2007年~2011年)。

出典[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度38分53秒 東経139度43分52.5秒 / 北緯35.64806度 東経139.731250度 / 35.64806; 139.731250