駐日スペイン大使館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
駐日スペイン大使館
Embajada de España en Japón
Tokio - Embassy of Spain.JPG
所在地 日本の旗 日本
住所 東京都港区六本木1-3-29
大使 ホルヘ・トレド・アルビニャーナスペイン語版英語版
ウェブサイト www.exteriores.gob.es/Embajadas/TOKIO/ja/Paginas/inicio.aspx

駐日スペイン大使館スペイン語: Embajada de España en Japón英語: Embassy of Spain in Japan)は、スペイン日本首都東京に設置している大使館である。在東京スペイン大使館スペイン語: Embajada de España en Tokio英語: Embassy of Spain in Tokyo)とも呼ばれる。

歴史[編集]

1584年天正遣欧少年使節スペイン国王フェリペ2世に、1615年慶長遣欧使節フェリペ3世に謁見している[1]。スペイン側からも、1592年スペイン領フィリピンの総督からの使者としてフアン・コボ豊臣秀吉に謁見するなど、日本への外交使節派遣の例がある[2]。しかし、1624年江戸幕府がスペイン船の来航を禁止したことにより、その後200年以上にわたってスペインの外交使節団が日本を訪問ないし滞在することはなかった。

1850年代になると、幕府は国力を増強した欧米諸国の圧力に屈して鎖国体制を押し通すことができなくなり、これを契機として対外政策をめぐる血みどろの政争が日本国中で惹起され、遂には幕府の崩壊と王政復古に至った。明治に改元されたばかりの1868年11月12日、神奈川において日本側全権東久世通禧およびスペイン側全権ホセ・エリベルト・ガルシア・デ・ケベードスペイン語版の合意のもと、日西修好通商航海条約が調印された[3]

明治初年の日西国交樹立に伴い、東京府麹町区永田町2丁目21番地に駐日スペイン公使館が設置された[4]。現在では駐日スペイン大使館となっており、東京都港区六本木1丁目3番地に設置されている[5]

所在地[編集]

日本語 〒106-0032 東京都港区六本木1-3-29[5]
スペイン語 1-3-29 Roppongi, Minato-ku, Tokio 106-0032[6]
英語 1-3-29 Roppongi Minato-ku, Tokyo 106-0032[7]

大使[編集]

2018年12月5日より、ホルヘ・トレド・アルビニャーナスペイン語版英語版特命全権大使を務めている[8]

出典[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度39分54.5秒 東経139度44分29.4秒 / 北緯35.665139度 東経139.741500度 / 35.665139; 139.741500