駒止湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
駒止湖

駒止湖 - panoramio.jpg

駒止湖の位置(北海道内)
駒止湖
駒止湖
所在地 北海道河東郡鹿追町
位置 北緯43度15分25秒 東経143度5分37秒 / 北緯43.25694度 東経143.09361度 / 43.25694; 143.09361座標: 北緯43度15分25秒 東経143度5分37秒 / 北緯43.25694度 東経143.09361度 / 43.25694; 143.09361
面積 0.02[1] km2
周囲長 0.8[1] km
最大水深 5.0[1] m
水面の標高 855[1] m
成因 火口湖[2]
淡水・汽水 淡水[1]
湖沼型 酸栄養湖[1]
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

駒止湖(こまどめこ)は、北海道河東郡鹿追町にある湖である。西小沼(にしこぬま)とも呼ばれる。自然環境が保たれており、大雪山国立公園に指定されている。

駒止湖は然別湖の南端付近にある小さな湖で、然別火山群の噴火で形成された爆裂火口でもある[2]。 これは至近の東雲湖も同じである[3]。同火山群の溶岩ドームの西ヌプカウシヌプリ 東ヌプカウシヌプリに囲まれるような場所にある。

名称はアイヌ語で「オッチシトウ」(女のすすり泣きが聞こえるような沼)[4]に由来する。周囲にエゾナキウサギが生息することで知られている。 [4]

道道85号が湖の西岸を通るためアクセスは容易であるが、駐車場は設けられてはいない。

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 湖沼調査: 湖沼一覧表 - 環境省自然環境局生物多様性センター、2020年8月閲覧
  2. ^ a b 成因の出典 産業技術総合研究所 地質調査総合センター. “5万分の1地質図幅: 然別湖”. 2020年8月6日閲覧。
  3. ^ 大雪山国立公園連絡協議会. “東雲湖”. 2020年8月6日閲覧。
  4. ^ a b 十勝毎日新聞電子版. “北海道の世界”. 2020年8月6日閲覧。

関連項目[編集]