騎乗位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
対面騎乗位
背面騎乗位

騎乗位(きじょうい)は、仰向けになった男性の上に女性が跨り男性も女性も自由に動かせる性交体位の一種である。

概説[編集]

騎乗中の様子に似ているため、この呼称が付いている。「騎上位」は誤記である。英語では、Woman on top、the jackhammer、cowboy/cowgirl position などである。男女が向き合う対面騎乗位と、女性が男性に背中を向ける背面騎乗位がある。騎乗位の大きな特徴に、女性側が主導権を握ることができるということがある[1][2]。女性が立て膝になって、仰向けの男性に跨る。片手でペニスの根元を持ち、垂直になるように立てる。そこに女性が膣口を合わせ、ペニスを膣内に入れながら、を下ろしていく。男性の胸に片方の手をついて行えば安定して腰を下ろすことができる[3]。性器が密接しているので、女性が前屈子宮や生理前だった場合は子宮口に当たりやすくなり、内臓からの鈍痛を発することがある。そのため、最初は様子を見ながら慎重に動くものとされる。

歴史[編集]

四十八手では、騎乗位のことを「本茶臼」といい、そのバリエーションには「月見茶臼」「時雨茶臼」「宝船(寶船)」などがある。なお、「忍び居茶臼」や「帆かけ茶臼」は座位の系統になるので、「茶臼」=「騎乗位」ではない。また、「亂れぼたん」や「鳴門うしろ取り」は背面座位である。映画の『氷の微笑』に、ヒロインのキャサリン・トラメル(演:シャロン・ストーン)が、男の手をベッドの端に縛り付け、騎乗位で責め立てるシーンがある。

四十八手の騎乗位[編集]

本茶臼 (ほんちゃうす)
仰向けに寝転んだ男性に跨り、抱きしめ合い男女ともに深い幸せを感じられる体位である。密着することで女性は動きにくくなるが、腰を軸にお尻を上下に振ってピストンするとよい。男性が女性の腰を固定し、下からしゃくりあげるように腰を振ると、女性は快感に集中しやすくなる[4]
百閉(ひゃくへい)
仰向けになった男性の上に女性が跨がって行う。上になった女性がクリトリスを男性の股間部に押し付けるようにしながら、腰を前後に動かす。男性のペニスの裏筋をこするように動くとより効果的になり、男性に強い刺激を与えることができる。女性は腰を動かしながら、膣内のGスポットにペニスが当たるようにする[5]
時雨茶臼(しぐれちゃうす)[6]
仰向けになった男性のペニスの上にしゃがみ、女性が動いて挿入する形で行う。挿入後は女性が腰を上下させ、膣でペニスをしごきあげるように動かす。男性は動かないまま刺激を得られる。さらに女性が目の前で動いてくれるため、揺れる乳房や濡れた結合部分を見ることができ、興奮度が高まる[7]
茶臼のばし(ちゃうすのばし)
女性がしゃがむようにして挿入したあと、女性が身体を前方に倒し、男性の身体と女性の身体を密着させるようにする。女性が動いてピストン運動を行い、ペニスを膣内に出し入れさせる。通常の騎乗位と違って身体の密着感も味わえ、性器の挿入による刺激と同時に、肌同士の接触を楽しめる。キスしながら行えるという利点があり、男女ともに性感を高められる[8]
機織茶臼(はたおりちゃうす)
仰向けの男性に女性が馬乗りになり、ピストンする様子が機織り(はたおり)の動きに似ている騎乗位。女性は片膝をつき、もう片膝を立て挿入し、握り合った手で身体を支えることで自由自在な動きができる。女性が腰を上下に打ち付けるようなピストンや、男性が下から突き上げる動きもでき、どちらの攻めも可能である[9]
〆込み千鳥(〆込み千鳥)
仰向け位になった男性にお尻を向けて覆いかぶさり、女性が男性の足に抱きついて腰を打ち付けるようにして行う。男性が少し顔を上げると丸見えになった女性のお尻を楽しめる。女性は見られている羞恥心を味わうこともできる[10]

研究[編集]

イギリスのインディペンデント氏が2017年に行った報道によれば、以下の通りである。

ブラジルの3箇所の病院の研究者らは過去30年間にわたって、ブラジルのカムピナス市の市民を対象に、性行為によって外傷を受けた状況の調査を行なってきた。調査では42の事例が分析されている。性行為の最中、相手が骨折した例は、異性どうしの性行為で28例、同性どうしの性行為で4例、手淫の最中で6例が記録されており、あとの4例は原因について説明がつかなかったという。研究報告では、女性上位の性行為は潜在的に相手を骨折させるリスクを負っている事実があることが証明されている。その反対に男性がプロセスを管理する場合、痛みが感じられた際は動きをとめ、相手に与える害を最小限度にとどめる。負傷リスクの軽減のチャンスを男性が多く握ることになる[11]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]