騎都尉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

騎都尉(きとい)は前漢以降の官職名。

前漢においては、光禄勲(郎中令)に属し、官秩は比二千石であった。宣帝の時から、羽林中郎将と騎都尉に監督させるようにした。また、西域都護は騎都尉や諫大夫に加えられる官であった。

後漢でも光禄勲に属し、官秩は比二千石であった。

それ以降も存続したが、においては奉車都尉、駙馬都尉と並んで三都尉と呼ばれて宗室外戚に与えられ、朝廷の集まりに参加するだけの官となっていた。

では勲官の一つとなり、実態は無くなっていた。

注釈と出典[編集]

注釈[編集]

出典[編集]