鄒衍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

鄒 衍(すう えん、拼音: Zōu Yǎn紀元前305年頃 - 紀元前240年頃)は、中国戦国時代の思想家。諸子百家陰陽家の筆頭。稷下の学士の一人。『史記』では騶衍と書かれる。尊称は鄒子。著作は散佚したが、学説や逸話が断片的に伝わっている。

略歴[編集]

塩鉄論』論儒篇によれば、当初は儒者だったが、登用されなかったため独立して独自の説を唱えるようになった[1]

史記』巻46田敬仲完世家の斉宣王十八年の記事によれば、鄒衍は淳于髠田駢・接予・慎到・環淵と並ぶ、稷下の学士の代表的人物だった。

『史記』巻74孟子荀卿列伝によれば、鄒衍は孟子よりやや後の時代の人物で、斉に仕えた後、昭王の師となり、またに赴き平原君の信頼を得たという。『史記』巻76平原君虞卿列伝によれば、その際、平原君の食客だった公孫龍を、「至道」の説により打ち負かしたという。また、同箇所の『史記集解』所引の『別録』によれば、鄒衍はその際、公孫龍ら名家の「白馬非馬」などの議論を、卑小な議論として批判したという[2][3]

逸話[編集]

吹律[編集]

の国に作物が育たない寒冷な谷があった。そこへ鄒衍が訪れて)を吹くと、が豊かにみのる温暖な谷になった。それ以来、この谷は「黍谷」と呼ばれるようになった[4](出典: 『太平御覧』巻54等[5]所引の『別録』)。

降霜[編集]

四字熟語で「鄒衍降霜」ともいう(『蒙求』に由来)。

鄒衍が燕の恵王忠義を以て仕えていた際、讒言により投獄されてしまった。鄒衍が獄中で天を仰いで慟哭すると、当時は夏であったにもかかわらず、が降りたという[6](出典: 『太平御覧』巻14等[7]所引の『淮南子』佚文)。

学説[編集]

漢書芸文志には鄒衍の著作として『鄒子』49篇と『鄒子終始』56篇が挙げられている。また、『史記』孟子荀卿列伝によれば、「終始大聖之篇十余万言」や『主運』を著したとされる[8]。しかしながら、いずれも現存しない。ただし、学説の大略が『史記』孟子荀卿列伝に述べられている。また、他の書物に引用されて断片的に伝わっている。

『史記』孟子荀卿列伝によれば、鄒衍は天地万物の知識を類推的に持ち、その知識をもとに政治や人倫を論じていた。とりわけ、「五徳終始説」と呼ばれる歴史観、および「大九州説」と呼ばれる世界地理観が伝わる。

五徳終始説[編集]

『史記』孟子荀卿列伝によれば、鄒衍は「五徳転移、治各有宜」という旨を説いた。また、断片的に伝わる『鄒子』[9]や『七略[10]によれば、「土・木・金・火・水」の五徳や、それに対応した王朝交替の歴史観(「土・木・金・火」)を説いた[11]。この歴史観を五徳終始説中国語版(終始五徳説とも)という。五徳終始説は五行思想の一種にあたる。

五徳終始説は、『呂氏春秋』応同篇や『史記』秦始皇本紀などでも用いられている[11]

大九州説[編集]

『史記』孟子荀卿列伝によれば、鄒衍は、この世界は大海に囲まれた九つの(大九州)からなり、その大九州それぞれの内部に小九州があるとした[12]。そして、儒家のいう「中国」はその小九州の一つ「赤県神州」でしかなく、したがって「中国」は世界全体の181に過ぎないと主張した[13][12]

大九州説は、前漢の『塩鉄論』論鄒篇で桑弘羊によっても紹介される[12]。桑弘羊は、始皇帝の外征の背景には大九州説があったのだ、とした上で、対外政策の意義を説いている[12]

受容[編集]

後漢王充論衡』は、複数の篇で鄒衍に言及している。とりわけ談天篇や変動篇では、吹律・降霜・大九州説について批判的に論じている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐藤武敏訳注『塩鉄論 漢代の経済論争』平凡社東洋文庫、1970年。61頁。
  2. ^ 史記集解卷七十四~卷七十九 第48頁 (圖書館) - 中國哲學書電子化計劃” (中国語). ctext.org. 2021年2月13日閲覧。
  3. ^ 関口順 「釈名辯――「名家」と「辯者」の間」 『埼玉大学教養学部紀要』 29号、右65-83(左169-187)頁、1993年。 NAID 40001439277 右76頁。
  4. ^ 山田勝美訳『論衡』下、944頁。
  5. ^ 他には『文選李善注(左思『魏都賦』注文)など
  6. ^ 湯浅邦弘編『概説 中国思想史』ミネルヴァ書房、2010年、ISBN 9784623058204。23頁
  7. ^ 他には『後漢書』巻57劉瑜伝、『文選李善注(左思『魏都賦』注文)など
  8. ^ 中村璋八・小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)『鄒衍』 - コトバンク
  9. ^ 文選李善注の沈約 『斉故安陸昭王碑文』注文所引
  10. ^ 文選李善注の左思『魏都賦』注文所引
  11. ^ a b 馮 1995, p. 238f.
  12. ^ a b c d 浅野 2004, p. 223.
  13. ^ 史記』孟子荀卿列伝「以儒者所謂中国者于天下乃八十一分居其一分耳」

参考文献[編集]

関連文献

  • 浅野裕一『古代中国の宇宙論』岩波書店、2006年。ISBN 9784000228633。第四章三節「鄒衍の宇宙生成論」
  • 金谷治『金谷治中国思想論集 上巻』平河出版社、1972年。ISBN 978-4892032851。126-141頁「鄒衍の思想について」
  • 武田時昌 『術数学の思考 交叉する科学と占術』 臨川書店、2018年。ISBN 9784653043751。