驚異の小宇宙 人体II 脳と心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
驚異の小宇宙 人体 > 驚異の小宇宙 人体II 脳と心
驚異の小宇宙 人体II 脳と心
ジャンル ドキュメンタリー / 特別番組
放送期間 1993年 - 1994年
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
プロデューサー 林勝彦
出演者 樹木希林
養老孟司 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
オープニング 久石譲

特記事項:
ナレーション山根基世
テンプレートを表示

驚異の小宇宙 人体II 脳と心』(きょういのしょううちゅう じんたいツー のうとこころ)とは、1993年から1994年にかけて放送されたNHKスペシャルの大型企画である。

概要[編集]

1989年に放送された『驚異の小宇宙 人体』に収まらなかったを取り上げる。現代の科学技術をもってしても未知の領域の多い脳や心理について、最新の科学技術で得られた知見を元に探検の足を踏み入れていく。養老孟司と、樹木希林が、プレゼンター役を務めている。第1集では当時試験放送されていたMUSE方式のハイビジョン画質で制作されているため、全編を通じて16:9サイズで放送されていた。

内容[編集]

最先端の検査機器を駆使し、脳の仕組み、機能を解明していく。

第1集 心が生まれた惑星〜進化〜
  • 1993年10月31日放送
第2集 脳が世界をつくる〜知覚〜
  • 1993年11月14日放送
第3集 人生をつむぐ臓器〜記憶〜
  • 1993年12月12日放送
  • 第5回ケベック国際科学フィルムフェスティバル優秀賞、第11回国際科学番組フェスティバル科学映像賞受賞
第4集 人はなぜ愛するか〜感情〜
  • 1994年1月16日放送
第5集 秘められた復元力〜発達と再生〜
  • 1994年2月20日放送
  • 第5回上海テレビ祭最優秀ドキュメンタリー撮影賞受賞
第6集 果てしなき脳宇宙〜無意識と創造性〜
  • 1994年3月20日放送

出演者[編集]

司会進行[編集]

ナレーション[編集]

諮問委員[編集]

スタッフ[編集]

オープニングテーマ「BRAIN & MIND」には、久石譲の手による英文歌詞がつけられている。
第1集は山根基世、第2集以降は樹木希林による朗読。前作の『人体』と違い、詩の文章は表示されない。
  • 題字:小池邦夫
  • 電子映像:原田大三郎[1]、松谷春司、勝尾登
  • タイトル:カール・シムズ
  • 照明:木村三郎
  • 撮影:松原武司、桑原茂、濱田健三、金古光雄、並川清、朝田健治 ほか
  • 音声:橋爪功、北島一三、染谷和孝 ほか
  • 編集:井上裕之、沢村宣人
  • 構成:蜂谷初人、高尾正克、平野俊哉、スティーブ・バーンズ
  • 制作統括:林勝彦、辻篤男、ティム・カウリング
  • 国際制作:ディスカバリー・コミュニケーションズ
  • 制作:NHKクリエイティブ

関連商品[編集]

サウンドトラック[編集]

  • NHKスペシャル「驚異の小宇宙・人体II 脳と心」サウンドトラック Vol.1(メディア・レモラス
  • NHKスペシャル「驚異の小宇宙・人体II 脳と心」サウンドトラック Vol.2(メディア・レモラス)
  • NHKスペシャル「驚異の小宇宙・人体II 脳と心」サウンドトラック総集編(メディア・レモラス)
上記2つのサウンドトラックから12曲を抜粋。

VHS・DVD [編集]

脚注[編集]