髑髏検校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

髑髏検校』(どくろけんぎょう)は、横溝正史が1939年に発表した小説である[1][2]

本作は吸血鬼・髑髏検校と、学者の鳥居蘭渓・縫之助父子の戦いを描いた作品であり、『吸血鬼ドラキュラ』の翻案作品とされている[1][2]

1975年に角川文庫に『緑304-19 髑髏検校』 ISBN 4-04-130419-9 として収録され、2008年には『よ5-38 髑髏検校』 ISBN 4-04-355506-7 に改版して出版された。1982年にはフジテレビ系列の『時代劇スペシャル』にてテレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

文化7年9月、蘭学者・鬼頭朱之助は精神療養のため、老僕・次郎吉とともに釣りに出ていたところ、嵐に巻き込まれ、孤島に流れ着く。 そこで、2人は不知火検校と名乗る人物とその取り巻きである美人姉妹・松虫と鈴虫に出会い、丁重にもてなされる。 だが、検校がいきなり将軍家の三女・陽炎姫について言及したため、朱之助は検校に不信感を抱く。その夜、松虫らは独断で朱之助の血を吸おうとしたため、検校から蟄居を言い渡される。 検校のもてなしの日々が続く中、日中は屋敷が無人であることに気づいた朱之助らは、屋敷の外にある森に行き、松虫ら2人の墓を見つけ、彼女たちが170年前に死亡した人物であることに気づく。加えて、彼らは「四郎」なる人物の墓も見つけるが、それ以上のことはわからず、屋敷へと戻る。 ある日、2人は検校を迎えに来た船を見つける。朱之助が一人で例の墓へ来たその時、天気が急に荒れ、次いで検校が現れて塚の上に立ち、「骨寄せ」の儀式で松虫と鈴虫をよみがえらせて江戸へ向かう。

それから4か月後の文化8年元日、外房州白浜で、朱之助の手による書物が鯨の腹から見つかる[1][2]。 房州鯨奉行勤番・秋月数馬は鯨を捕らえた網元から受け取った書物を読み、なじみの学者の鳥居蘭渓に助けを求める。 一方、不知火検校ら3人は船に乗って、徳川家斉の三の姫・陽炎姫が住むお浜屋敷へ侵入する。陽炎姫の腰元である琴絵は、夢遊病の発作を起こした姫を追って、検校らが姫の血を吸う現場に遭遇する。 蘭渓が陽炎姫の周りにニンニクの花を撒いたため一時はよくなるかと思われたが、姫の生母・呉竹が取り除けてしまったため、姫は死亡する。さらに後日、遺体が消失するという事件が発生する。幕府は事件を極秘にしたつもりだったが、不知火検校の存在は髑髏検校として民衆に知れ渡り、これに便乗して『鏡山旧錦絵』の後日談という設定で「鏡山後日岩藤」(通称:骨寄せ岩藤)という舞台まで作られる始末だった。

検校は、岩藤とその落胤・藤波由縁之丞の二役を務める中村富五郎を屋敷に招いて殺害する。 翌日、検校は富五郎に成りすまして舞台に上がったところを、縫之助らに見つかるが、どさくさに紛れて逃走し、琴絵を襲う。

そして、 蘭渓たちは、生還した朱之助の協力の元、検校ら3人が眠る棺を火にくべる。

登場人物[編集]

不知火検校/髑髏検校
吸血鬼。白絹の小袖に緋の袴といういで立ちをしている[1][2]
鳥居 蘭渓
学者。一刀流の達人であることに加え、国学や蘭学、さらには医学にも通じるとされている一方で、めったに弟子を取らない人物でもあった。また、彼の書院は西洋風になっている。
鬼頭朱之助
蘭渓の弟子である蘭学者で、師匠の勧めで長崎へ留学に行った。
鳥居 縫之助
蘭渓と後妻の子。異母兄の大膳とは対照的に、勇敢な若者である。
鳥居 大膳
蘭渓が、狂死した先妻との間にもうけた息子。もともと粗暴だったが、20歳過ぎたころから精神に異常をきたし、蜘蛛の飼育を趣味としている。
陽炎姫
徳川家斉の三の姫で、お浜屋敷に住んでいる。数馬に思いを寄せている。
琴絵
陽炎姫の腰元。
秋月数馬
房州鯨奉行勤番。
中村富五郎
歌舞伎俳優。
お小夜
お角
お小夜の継母。

評価[編集]

ddナビの朝宮運河は、本作が単なる『吸血鬼ドラキュラ』の翻案ではなく、原典の淫靡なエロティシズムの強化に加え、美少年趣味・耽美趣味を織り込んだ作品であり、検校の正体にも工夫が凝らされていたと評価している[1]

梯久美子は週刊新潮に寄せた記事の中で、ニンニクといった原作由来の要素に加え、江戸時代らしい要素も取り込み、不気味ながらも痛快な怪異談に仕上げた作者の手腕を評価している[2]。また、梯は再読した際にアン・ライスにも通じる美少年趣味がちりばめられていたことに気づいたと振り返っている[2]

脚注[編集]

出典[編集]

映像化作品