高コウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「高顥」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

高 顥(こう こう、生没年不詳)は、北魏官僚は門賢。本貫渤海郡蓨県

経歴[編集]

高和璧(高祐の子)の子として生まれた。司空参軍となり、員外郎に転じた。建康子の爵位を嗣ぎ、符璽郎中となった。508年永平元年)、冀州別駕となったが、赴任しないうちに、冀州刺史元愉が反乱を起こした。宣武帝は尚書の李平を都督として、元愉を討たせた。李平は高顥が冀州の領袖であることから、召し出して録事参軍とした。高顥はそのまま統軍を兼ね、軍機の決定に参与した。元愉が捕らえられた後、元愉の別党1000人あまりが処刑されることとなった。高顥はかれらがやむなく反乱に加担した者たちであると訴えて、赦免を願い出た。李平は高顥の意見に従って上奏し、このためみな一命を許された。事後処理が終わると、高顥はそのまま冀州別駕の職をつとめた。冀州で飢饉が起こったが、高顥はその対処を主導して、落ちついて収拾したため、時の名声をえた。まもなく陵江将軍の号を加えられたが、事件に連座して免官された。長らくを経て、鎮遠将軍として再び起用された。後に輔国将軍・中散大夫に転じ、さらに中散大夫のまま征虜将軍となった。49歳で死去した。平東将軍・滄州刺史の位を追贈された。は恵といった。

子の高徳正が後を嗣いだ。

伝記資料[編集]