高丘河内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
高丘河内
時代 奈良時代中期
生誕 不明
死没 不明
改名 楽浪河内→高丘河内
官位 正五位下大学頭
主君 元明天皇聖武天皇孝謙天皇
氏族 楽浪(無姓)→高丘
父母 父:詠?
比良麻呂
テンプレートを表示

高丘 河内(たかおか の かわち/こうち)は、奈良時代貴族文人歌人氏姓は楽浪(無姓)のち高丘官位正五位下大学頭

経歴[編集]

天智天皇2年(663年)に百済より帰化した沙門・詠の子孫[1]

和銅5年(712年播磨大目を務めていた際、力を尽くして正倉を建てた功績により、従八位上から正八位下に昇叙されると共に、10疋と麻布30端を与えられた[2]養老5年(721年橘佐為山上憶良らと共に、教育係として退朝後に皇太子・首皇子(のちの聖武天皇)に侍すよう命じられ[3]、また文章道に優れていることを賞され絁15疋・絹糸15絇・麻布30端・20口を与えられている[4]神亀元年(724年聖武天皇の即位後に、楽浪(さざなみ。無姓)から高丘連に改姓する。

天平3年(731年従五位下右京亮に叙任される。天平13年(741年遷都に伴って人民に宅地を分け与えるために、智努王藤原仲麻呂らと共に恭仁京へ派遣され[5]、のち恭仁京の造宮輔を務める。しかし、翌天平14年(742年)8月には聖武天皇の紫香楽村への行幸のために、智努王らと共に造離宮司に任ぜられ[6]、結局天平15年12月(744年1月)には恭仁京の造営は中止された[7]

天平17年(745年)14年振りに昇叙されて従五位上になると、翌天平18年(746年)には内位従五位下に叙せられるなど、聖武朝末に続けて昇叙される。孝謙朝でも順調に昇進し、天平勝宝3年(751年)従五位上、天平勝宝6年(754年正五位下に叙せられている。またこの間大学頭も務めた[1]

和歌作品[編集]

歌人として『万葉集』に和歌作品2首が採録されている。

  • 故郷は 遠くもあらず 一重山 越ゆるがからに 思ひぞ我がせし (巻六 - 1038)
  • 我が背子と 二人し居れば 山高み 里には月は 照らずともよし (巻六 - 1039)

巻六 - 1039の歌は、江戸時代良寛によって派生歌が作られている。

  • この里に 手まりつきつつ 子供らと 遊ぶ春日は 暮れずともよし[8]

官歴[編集]

続日本紀』に基づく。

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『続日本紀』神護景雲2年6月28日条
  2. ^ 『続日本紀』和銅5年7月17日条
  3. ^ 『続日本紀』養老5年正月23日条
  4. ^ 『続日本紀』養老5年正月27日条
  5. ^ 『続日本紀』天平13年9月12日条
  6. ^ 『続日本紀』天平14年8月11日
  7. ^ 『続日本紀』天平15年12月26日条
  8. ^ 定本 良寛全集. 中央公論新社. (2006年10月). ISBN 978-4124034745 
  9. ^ a b 鈴木真年『百家系図稿』巻9,高丘宿禰

参考文献[編集]