高井利平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高井 利平(たかい りへい、1868年11月18日明治元年10月5日) - 没年不明)は、日本実業家地主[1][2]資産家[3]。万里銀行頭取[4]五十六銀行常務取締役[5][6]。三十八銀行[5]、高井織物各監査役[7]。姫路莫大小取締役[7]。族籍は兵庫県平民[4]。旧姓は臼井[5]。前名は竹次郎[5]

人物[編集]

兵庫県加東郡上福田村字木梨(現・加東市)に生まれた[8]。臼井庄吉の二男[5]。小野中学校卒業後、東京、大阪、琉球等の各地の銀行に勤務した[8]。高井家の養子となり、1898年に養祖父利平の後を承け家督を相続し前名竹次郎を改め襲名した[1]。資性温厚、誠直であった[8]。趣味は謡曲[6]仕舞囃子[1]。宗教は曹洞宗[1]

家族・親族[編集]

高井家

兵庫県姫路市大黒町[4]

姫路大黒町の人である[9]。利兵衛の子である[9]。家は国産木綿問屋を営み慶応3年、藩御用達となった[9]1891年、万里銀行を起こした[9]。姫路実業界の巨頭であった[9]。1898年8月24日、没した[9]。年72[9]
  • 養父・利三郎[1]
  • 養妹
1883年 -
  • はる(米沢吉次郎の長男政太郎の妻)[1]
1886年 -
  • 妻・ちか(養父・利三郎の長女)[4]
1876年 -
  • 男・英一(神戸銀行員)[1]
1895年 -
  • 同妻・しげ(兵庫、小寺慶之助の二女)[5]
1900年 -
  • 長女・ちよ(田淵一雄の妻)[4]
1898年 -
  • 二男・順二(野田義夫の養子)[1]
1908年 -
1909年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第13版 下』タ90頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月15日閲覧。
  2. ^ 『日本紳士録 第44版』兵庫タの部78頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月15日閲覧。
  3. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e 『人事興信録 第4版』た57頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『人事興信録 第9版』タ82頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月15日閲覧。
  6. ^ a b c d 『人事興信録 第14版 下』タ86頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月15日閲覧。
  7. ^ a b c 『人事興信録 第7版』た83頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月14日閲覧。
  8. ^ a b c 『大正人名辞典』1329頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月25日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 『姫路市史 市制施行三十年記念』260頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 播磨史談会編『姫路市史 市制施行三十年記念』姫路市、1919年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第44版』交詢社、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 下』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。