高代延博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
高代 延博
Takashironobuhiro ht 20150430.JPG
2015年4月30日 阪神甲子園球場にて撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 奈良県吉野郡下市町
生年月日 (1954-05-27) 1954年5月27日(66歳)
身長
体重
170 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1978年 ドラフト1位
初出場 1979年4月7日
最終出場 1989年10月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

高代 延博(たかしろ のぶひろ、1954年5月27日 - )は、奈良県吉野郡下市町出身の元プロ野球選手プロ野球コーチ野球評論家野球解説者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

智辯学園高校では内野手兼控え投手として活躍。当時コーチに就任したばかりの高嶋仁の指導を受け、1972年春季近畿大会で優勝を飾るが、甲子園には出場できなかった。高校同期に田中昌宏、1年下に柳原隆弘がいた。

卒業後は法政大学へ進学。東京六大学野球リーグでは3年生の時からレギュラーとして出場、2回の優勝に貢献。1975年秋季リーグでは打率.500を記録し首位打者になる。1976年明治神宮野球大会でも決勝で早稲田大学を降し優勝。リーグ通算50試合出場、190打数55安打、打率.289、1本塁打、17打点。ベストナイン3回(三塁手1回、遊撃手2回)。大学同期に投手の船木千代美(熊谷組TDK)、内野手木村富士夫、1年下には江川卓らいわゆる「花の74年組」がいた。

卒業後は東芝に入社、中心打者として活躍する。1977年1978年都市対抗野球大会連続出場。1978年の大会ではエース黒紙義弘を擁し、決勝で日本鋼管木田勇を打ち崩しチームの初優勝に貢献した[1]。1977年には遊撃手として社会人ベストナインに選出され、第3回IBAFインターコンチネンタルカップ日本代表となっている。

実家の割り箸工場が石油ショックの影響で経営難に陥り、纏まった現金の用立てを迫られたため、プロ入りを決めた[2]

プロ入り後[編集]

1978年、ドラフト1位で森繁和のクジを外した日本ハムファイターズに指名されて入団。1年目から遊撃手のレギュラーに定着しチャンスメーカーとして活躍。新人として初のダイヤモンドグラブ賞を受賞した[3]

1980年、遊撃手のベストナインに選ばれた。

1981年、選手会の副会長に就任。4月に右足首を脱臼して約40日離脱し、最終的には86試合の出場にとどまるものの同年のリーグ優勝に貢献[3]4月8日の西武戦(後楽園)でのシーズン1号、6月20日の阪急戦(後楽園)での2号が、ともに満塁本塁打。シーズン2本の満塁本塁打は吉田勝豊大杉勝男張本勲に次ぎチーム4人目の記録となった[3]。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでも全6試合に先発出場するが、22打数5安打1打点と真価を発揮できなかった。

1983年、選手会長に就任。満塁の場面では二番打者ながらチーム最多の14打点を記録した[3]

1984年、前半戦を故障欠場し定位置を岩井隆之に譲るが、8月にはレギュラーに復帰した。

1985年、登録名を高代慎也(たかしろ しんや)に変更した。自己最多となる11本塁打、58打点の一方で、球団新記録となる41犠打もマークした[3]

1987年田中幸雄が台頭し、三塁手に回るが段々と出番が減る。

1988年10月28日広島東洋カープ鍋屋道桜滝口光則らとの交換トレードで移籍[4]

1989年、登録名を高代延博に戻し5試合に先発出場するが、同年限りで現役引退

現役引退後[編集]

1990年、広島東洋カープの一軍守備・走塁コーチに就任した。三村敏之が監督の時、中日監督の星野仙一から再三「高代をコーチとして譲ってほしい」と打診があった。しかし、三村は「私がいるうちは高代だけは出せない」と拒否した[5]。その後1998年まで務めた。98年オフ三村監督が退任後、先の約束もあり中日ドラゴンズの一軍内野守備・走塁コーチに就任した。

1999年、ノックを浴びせていた福留孝介立浪和義のあまりの守備の緩慢さに大激怒し、「お前ら! PLに返すぞ!」と怒鳴り散らした。その後2001年まで務めたが星野監督退任と共に自身もコーチを退任。

2002年、古巣・日本ハムファイターズの一軍ヘッド兼内野守備・走塁コーチに就任した。審判への暴力行為で出場停止となった監督の大島康徳の代わりに4月3日、4日のオリックス戦は監督代行を務め2勝0敗だった。この年大島監督の退任と共に高代もコーチを退任した。

2003年千葉ロッテマリーンズの一軍ヘッドコーチに就任。大学の先輩・山本功児が監督を務めていたことによる就任だったが、山本の解任もあり1年限りで退団。オフに横浜ベイスターズ山下大輔監督とヤクルトスワローズ若松勉監督とこの年のオフに監督就任になった中日落合博満から直接コーチの打診を受けたが中日ドラゴンズの一軍野手総合チーフコーチに就任した[6]。。

2004年、三塁ベースコーチとしての打球への判断がよく、中日がセ・リーグのペナントを制した2006年は本塁での憤死をリーグ最小の1にとどめた。2008年はベンチ専従となった。

2009年第2回WBC野球日本代表の内野守備・走塁コーチに就任した。三塁ベースコーチを担当し、WBC日本代表の連覇に貢献した。また、議論の的になった亀井義行の代表入りを推薦した。WBC終了後、株式会社スーパーエージェントとマネジメント契約し東京中日スポーツ野球評論家、古巣・東芝で臨時コーチを務めていた。同年10月、韓国ハンファ・イーグルスの臨時インストラクターに就任した。

2010年、ハンファ・イーグルスの総合コーチに就任した[7]

2011年オリックス・バファローズの一軍ヘッドコーチに就任した。同年9月16日のロッテ戦からは走者の本塁憤死が多かったことから松山秀明一軍内野守備・走塁コーチに代わり、三塁ベースコーチも務めた[8]2012年にも、引き続き三塁のベースコーチを担当。一軍のシーズン最下位が確定した9月25日付で、一軍監督の岡田彰布と共に球団から休養(事実上の解任)を告げられたことを機に退団した。

2013年第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表チームで内野守備・走塁コーチを務めた[9]。背番号は「63[10]

2014年阪神タイガースの一軍内野守備・走塁コーチに就任。オリックス時代に続いて三塁のベースコーチを担当した[11]。一軍の作戦コーチを兼務するようになった2015年以降も、三塁のベースコーチを継続。

2016年、広島のコーチ時代に指導した金本知憲が一軍監督へ就任したことに伴って、一軍のヘッドコーチに異動。実際には金本の意向で、引き続き三塁のベースコーチを務めた[12]

2018年、前年まで一軍作戦兼バッテリーコーチを務めていた矢野燿大二軍監督へ就任したことに伴って、一軍作戦兼総合コーチに異動。もっとも、一軍が2001年以来17年振りにシーズンを最下位で終えたため、金本はこの年限りで一軍監督を退任した。

2019年、矢野の一軍監督就任に伴って、二軍のチーフコーチへ異動。2020年まで担当したが、契約期間の満了を機に退団した[13]

2021年からは、サンテレビのゲストとTigers-ai解説者とデイリースポーツの野球評論家として活動。活動の主体はオンライン版で、広島OBの内田順三北別府学と同じく、「デイリースポーツ・ウェブ評論家」という肩書を用いている[14]

コーチとして[編集]

前述の通り、三塁ベースコーチとしての打球への判断がよく、2006年にはシーズン本塁憤死を1に留め中日のリーグ優勝に貢献した。野村克也は高代を「日本一の三塁ベースコーチ」と語り、メディアでもそう称されることがある[15][16]

毎日放送グループが「ホームイン with Tigers」(阪神の公式戦チーム総得点数に着目した応援キャンペーン)を展開していた2015年には、『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ平日午後の情報番組)で阪神の得点シーンの映像を定期的に放送していたことから、阪神の三塁ベースコーチとして身振り手振りで塁上の走者に指示を送る高代を(「得点=ホームイン」という連想から)「虎のお帰りジャッジマン」と称していた[17]

金本が阪神移籍後の2006年に連続フルイニング出場の世界記録を更新した際の会見では、「広島時代に自分に大きな影響を与えてくれた3人」のうち、「守備・走塁を根気よく教えてくれたコーチ」として高代の名を挙げた。高代自身も、広島時代に当時の監督・三村敏之から金本と共に野球観を学んだ縁で、金本の阪神一軍監督就任を機に一軍ヘッドコーチへ異動している[12]

高い評価の一方で悪評も絶えず、山崎武司は著書の中で高代について「上司に媚びる・監督に媚を売る・権力にものを言わせる・選手目線で対話できない指導者」と記し、山崎は高代との確執でスタメンを外れることが多くなったという[18][19]

2004年から2006年の3年間中日でコーチで同僚だった長嶋清幸作戦・外野守備走塁コーチ(当時)は「オレと高代さんの仲が悪いのは選手もみんな知っている。年下なのにいろいろと意見したことが気にいらなかったんだろ。でも選手をマイナス方向へ動かしたことはない。コーチが意見を出して決定するのは監督。やっかみだよな。」と長嶋は高代との間に確執があった事を示唆した[20]

中日一軍野手総合チーフコーチ時代は球種を全て見破っているかのような素振りをするので、当時日本ハムのダルビッシュ有は苦手に思っていた[21]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1979 日本ハム 123 432 397 48 99 19 1 7 141 47 14 5 11 6 16 0 2 39 8 .249 .278 .355 .633
1980 119 438 383 55 103 14 0 5 132 35 11 6 13 4 33 0 5 39 8 .269 .332 .345 .677
1981 86 352 325 50 87 14 1 7 124 40 2 3 6 2 17 0 2 23 7 .268 .306 .382 .688
1982 116 442 385 37 101 18 1 3 130 33 3 2 22 1 32 0 2 22 10 .262 .321 .338 .659
1983 124 551 466 69 128 25 0 9 180 55 12 3 27 4 44 0 10 31 7 .275 .347 .386 .733
1984 33 122 107 12 28 4 0 5 47 18 0 0 5 1 8 0 1 12 2 .262 .316 .439 .755
1985 111 492 402 61 109 18 2 11 164 58 5 2 41 3 40 1 5 43 9 .271 .341 .408 .749
1986 113 422 355 54 80 15 2 8 123 39 4 2 20 4 40 1 3 48 9 .225 .308 .346 .654
1987 58 180 147 17 29 2 0 2 37 17 2 5 5 3 25 2 0 27 3 .197 .309 .252 .561
1988 10 16 12 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 3 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1989 広島 24 35 32 2 8 1 0 0 9 4 1 1 0 1 2 0 0 6 1 .250 .286 .281 .567
NPB:11年 917 3482 3011 406 772 130 7 57 1087 346 54 29 151 29 260 4 30 291 64 .256 .319 .361 .680

通算監督成績[編集]

  • 2試合2勝0敗0分、勝率1.000

2002年日本ハム大島康徳監督が出場停止期間の監督代行(4月3、4日)

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 2 (1979年 - 1988年)日本ハムファイターズ
  • 5 (1989年)広島東洋カープ
  • 70 (1990年 - 1995年)広島東洋カープ
  • 81 (1996年 - 1998年)広島東洋カープ
  • 86 (1999年 - 2001年)中日ドラゴンズ
  • 87 (2002年 - 2003年)日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ
  • 81 (2004年 - 2008年)中日ドラゴンズ
  • 63 (2009年) 第2回WBC
  • 70 (2010年)ハンファ・イーグルス
  • 78 (2011年 - 2012年)オリックスバッファローズ
  • 63 (2013年)第3回WBC
  • 70 (2014年 - 2020)阪神タイガース

登録名[編集]

  • 高代 延博 (たかしろ のぶひろ、1979年 - 1984年、1989年 - )
  • 高代 慎也 (たかしろ しんや、1985年 - 1988年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『WBCに愛があった。』(2009年6月:ゴマブックス
  • 『WBC 侍ジャパンの死角』(2013年6月:角川書店)
  • 『高校球児に伝えたい! プロでも間違う守備・走塁の基本』(2013年12月:東邦出版)
  • 『目指せ! 侍ジャパン 夢を現実にする「走攻守」の極意』(2015年2月:竹書房) ISBN 9784801901131

脚注[編集]

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ “WBC三塁コーチの舞台裏(3)あの江川と同部屋…おやじのためプロ入り”. 産経新聞 (産経新聞社). (2013年6月21日). http://www.sankei.com/west/news/130621/wst1306210082-n2.html 2018年8月11日閲覧。 
  3. ^ a b c d e “高代延博 遊撃でインベーダーを迎え撃った?“ちびっこの星”/プロ野球1980年代の名選手”. 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社. (2019年4月7日). https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190407-11 2020年7月2日閲覧。 
  4. ^ 中国新聞社刊「カープの歩み 1949-2011」113ページ
  5. ^ 週刊ベースボール1999年選手名鑑号より
  6. ^ 片岡篤史のYou Tubeチャンネルにて高代本人が語った 落合博満の凄さと三冠王獲得の舞台裏 片岡篤史チャンネル
  7. ^ 侍ジャパン高代コーチ ハンファのコーチ就任”. Sponichi Annex (2010年1月17日). 2010年1月17日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ “オリ三塁ベースコーチ交代 岡田監督「大きいミスが…」”. (2011年9月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/09/17/kiji/K20110917001638550.html 2013年3月9日閲覧。 
  9. ^ 侍ジャパン 監督、コーチ NPB公式サイト (2012年10月10日) 2015年4月15日閲覧
  10. ^ 侍ジャパン 監督、コーチ背番号決定のお知らせ NPB公式サイト (2012年11月13日) 2015年4月15日閲覧
  11. ^ 高代延博氏のコーチ就任について阪神球団公式サイト2013年10月21日配信
  12. ^ a b “高代ヘッドコーチ 監督意向受け来季も三塁コーチ”. デイリースポーツ. (2015年10月26日). http://www.daily.co.jp/tigers/2015/10/26/0008512460.shtml 2015年10月28日閲覧。 
  13. ^ 阪神平田2軍監督「小幡鍛え」退任高代コーチへ感謝 - プロ野球 : 日刊スポーツ
  14. ^ 阪神に走塁革命?紅白戦でベースコーチ不在に「非常にいい練習だ」と元名参謀/阪神タイガース/デイリースポーツ online
  15. ^ “「日本一の三塁コーチ」の異名はダテじゃない”. 東スポWeb. (2013年3月9日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/117968/ 2013年3月9日閲覧。 
  16. ^ “「日本一の三塁コーチ」高代延博が阪神を変える”. sportiva. (2014年1月17日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2014/01/17/post_341/index_2.php 2018年8月11日閲覧。 
  17. ^ gooTV 『ちちんぷいぷい』2015年7月17日(金曜日)放送分「昨夜のホームイン! with Tigers」
  18. ^ 山崎武司著『さらば、プロ野球:ジャイアンの27年』、2014年、宝島社、P78-P80
  19. ^ 山本昌&山﨑武司 プロ野球 やまやま話 「キャンプ事件簿 後編」(毎週月曜配信) - YouTube
  20. ^ 解任長嶋コーチ落合監督に捨てゼリフ、スポーツニッポン、2006年10月29日より
  21. ^ “WBC三塁コーチの舞台裏(5)ダルに嫌われ、金本の人生を変え、福留も…野球の財産、いつかタクトも振る”. 産経新聞 (産経新聞社). (2013年6月23日). http://www.sankei.com/west/news/130623/wst1306230071-n1.html 2018年8月11日閲覧。 

関連項目[編集]