高倉一紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「髙倉一紀」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

高倉 一紀(たかくら かずのり、1952年(昭和27年)2月18日 -2017年(平成29年)1月26日[1] )は、日本国文学者近世学芸史、書誌学等が専門。皇學館大学文学部国文学科教授

略歴[編集]

1975年3月國學院大學法学部卒業後、1982年3月に皇學館大学大学院文学研究科修士課程修了文学修士)。

天理大学附属天理図書館司書等を経て皇學館大学文学部教授。在任中に死去。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『近世書籍文化考 国学の人々とその著述』(和泉書院、2009)

編著[編集]

共著[編集]

講演録[編集]

  • 『幕末の図書館 -射和文庫に学ぶもの-』(皇學館大学講演叢書95)(皇學館大学出版部、1998)

脚注[編集]

  1. ^ 「【訃報】本学 文学部国文学科 髙倉一紀教授が平成29年1月26日(木)にご逝去(享年64歳)されました。」http://www.kogakkan-u.ac.jp/html/cmscontents/detail.php?mdid=3888 平成29年1月28日閲覧