高倉通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高倉通(蛸薬師通付近より北方向を望む)

高倉通(たかくらどおり[1])は京都市の南北の通りの一つ。平安京の高倉小路にあたる。

北は丸太町通から南は十条通に至る。途中、渉成園により中断している。高倉跨線橋で大きくカーブしており、竹田街道に接続している。以南は筋違いとなっている。

概要[編集]

通りの名前は、平安時代この通り沿いに藤原氏の別邸である高倉殿があったことに由来する[2]。当時は沿道に貴族の邸宅が多く並んでおり、例えば三条高倉に邸宅を構えた以仁王は高倉宮と称された。しかし応仁の乱以降通りは衰退し、戦国時代にはこの通りが下京における町の東限となっていた。その後、天正年間に豊臣秀吉の京都改造事業に伴って再開発される。

かつては下立売通まで通じていたが、1708年宝永5年)に御所が拡大したため、そのあおりを受けて丸太町通以北の区間が消滅した。消滅した町域にあった町家鴨川東岸の仁王門通へと移転させられたが、その際開かれた通りが現在も新高倉通として現存している。

1523年大永3年)から1673年寛文13年)にかけての一時期、頂妙寺が沿道にあったため、頂妙寺通とも呼ばれていた[2]

現在は京都の中心部を走る生活道路である。通りは仏光寺通高辻通間のごく短い区間と七条通から八条通の区間を除いて一方通行であり、五条通から上珠数屋町通および八条通以南が南行き、それ以外が北行きとなっている。

沿道の主な施設[編集]

交差する主な道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都市内の通りの名称は「通」となっていて「り」を送らない。例外として道路標識では「通り」として送る表記を採用しているが、印刷資料で送るものは極めて珍しい。京都市内の通り#表記参照
  2. ^ a b 野間光辰編 『新修京都叢書』第17巻、臨川書店、1967年、226頁。

関連項目[編集]

京都市内の南北の通り
西隣の通り
東洞院通間之町通竹田街道
北は
丸太町通
まで
東隣の通り
堺町通富小路通河原町通
高倉通
南は
十条通
まで