高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ東海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ > 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ > 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ東海
高円宮杯 JFA U-18サッカー
プリンスリーグ東海
加盟国 日本の旗 日本
開始年 2003年
参加クラブ 10
リーグレベル 第2部
上位リーグ プレミアリーグ
下位リーグ 都道府県リーグ
最多優勝クラブ ジュビロ磐田ユース (6回)
高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2018

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ東海(たかまどのみやはい アンダーエイティーン サッカーリーグ プリンスリーグとうかい)は、全国に9つある高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグのひとつ。東海地方4県(岐阜県静岡県愛知県三重県)の2種(高校生ユース)チームが参加するサッカーリーグ戦である。

レギュレーション[編集]

2003年 - 2011年[編集]

  • 2005年までは10チームによる一回戦総当たりのリーグ戦で行われた。
  • 2006年は一部は6チームによる二回戦総当りのリーグ戦、二部は8チームによる一回戦総当りのリーグ戦によって行われた。
  • 2010年までは18チームを一部10チーム・二部8チームの2リーグに編成し、それぞれ一回戦総当りのリーグ戦で行われた。
  • 2011年は16チームを一部8チーム・二部8チームの2リーグに編成し、それぞれ二回戦総当りのリーグ戦で行われた。また翌シーズンより10チームによる一部制へ移行することから、同年の一部リーグ上位7チームと二部リーグ1位がプリンスリーグ残留、一部リーグ8位・二部リーグ2位-4位・各県リーグ1位チームの全8チームでプリンスリーグ参入戦(2チーム参入)が行われた。二部リーグ5位-8位は県リーグ降格。

2012年 -[編集]

2012年以降は、10チームによる2回総当たりで行われる。県リーグからプリンスリーグ東海への昇格は2チーム。降格チーム数は東海地区のチームのプレミアリーグ昇降格数により、10チームとなるように調整される。

参加チーム[編集]

2019年度[編集]

歴代成績[編集]

年度 優勝 優勝回数
2003年 清水エスパルスユース 初優勝
2004年 ジュビロ磐田ユース 初優勝
2005年 静岡学園高校 初優勝
2006年 2回目
2007年 ジュビロ磐田ユース 2回目
2008年 名古屋グランパスU-18 初優勝
2009年 ジュビロ磐田ユース 3回目
2010年 清水エスパルスユース 2回目
2011年 ジュビロ磐田ユース 4回目
2012年 5回目
2013年 6回目
2014年 清水桜ヶ丘高校 初優勝
2015年 静岡学園高校 3回目
2016年 JFAアカデミー福島 初優勝
2017年 名古屋グランパスU-18 2回目
2018年 静岡学園 4回目
2019年

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]