高円宮記念JFA夢フィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
高円宮記念JFA夢フィールド

JFA YumeField.ent.jpeg

正式名称 高円宮記念JFA夢フィールド
英語名称 Prince Takamado Memorial JFA YUME Field
所在地 日本の旗 日本
千葉県千葉市美浜区美浜1-1 幕張海浜公園
北緯35度38分28.4秒東経140度2分10.9秒座標: 北緯35度38分28.4秒 東経140度2分10.9秒
設立者 日本サッカー協会
敷地面積 123,518.27㎡
屋外施設 天然芝ピッチ2面、人工芝ピッチ2面
屋内施設 クラブ ハウス棟、フットサルアリーナ棟
公式サイト https://www.jfa.jp/nfc/about.html
テンプレートを表示

高円宮記念JFA夢フィールド(たかまどのみやきねん ジェイエフエイ ゆめフィールド)は、千葉県千葉市美浜区千葉県立幕張海浜公園内に整備中の、日本サッカー協会 (JFA) 運営のサッカー施設(ナショナルフットボールセンター)。サッカー日本代表の主たる活動拠点となることが想定されている。

着工時は「JFAナショナルフットボールセンター」の仮称を用いていた。

概要[編集]

JFA100周年の記念事業の一環として[1]「男女ユースからトップまでの選手育成・代表の強化・指導者養成の三位一体+普及」の拠点として整備するものであり、特に代表強化のためにソフト・ハード両面において世界基準になることが必要と考えていたJFAにとって長年の悲願であった「JFA所有のナショナルフットボールセンター」である[2]。これまでJFAが関与するトレーニング施設としてはJヴィレッジ福島県)があり、自治体が主導する同様の施設として清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP、静岡県)・堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター(J-GREEN堺、大阪府)があるが、主に日本代表強化のための拠点施設とすることを想定し、事前合宿やいわゆる「海外組」の帰国時のトレーニング拠点として、東京国際空港成田国際空港東京駅からいずれも30-40分圏内にあり、アクセス性に優れた幕張新都心[3]にある幕張海浜公園の海側ブロックに整備することになったものである。開場後は、日本サッカー協会ビル(JFAハウス)内にある日本代表関連の部署が当地に移転し、各代表カテゴリー監督が常駐する体制が整えられる予定と報じられている[4]

2015年9月11日にJFAと千葉県との間で基本協定を締結し、2018年3月23日に千葉県から都市公園法に基づく公園施設の設置許可書が交付され[5]、同年10月14日に起工式が行われた[2][6]。設計は三菱地所設計戸田建設一級建築士事務所JV、施工は戸田建設(CM山下PMCオオバJV)、人工芝敷設を東亜道路工業が担当した。

施設の名称は、2018年12月に、JFA2005年宣言のスローガンである「DREAM~夢があるから強くなる~」にちなみ「JFA夢フィールド」とすることを発表[7]、加えてJFA初代名誉総裁である高円宮憲仁親王の功績をたたえることを目的に「高円宮」の宮号を冠することについて宮内庁の許可が得られたことから、2019年10月に「高円宮記念JFA夢フィールド」を正式名称とすることを発表した[8]。ロゴデザインはアートディレクターの浅葉克己によるもの[7]

建設費約40-45億円の一部については2億円を目標に一般からの寄付で賄っており[9]、2018年12月25日から2020年1月31日の間に行われた[7]

2020年4月7日に開所式を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開場が延期され、2020年6月8日に幕張地区の鎮守神である子守神社(千葉市花見川区)にて関係者による安全祈願神事を行った[10]。前述の通り、基本的に代表のキャンプで使用される予定だが、Jリーグの移動時の感染リスクの軽減の観点から、JFAの協力の下、6月下旬から7月にかけて北海道コンサドーレ札幌がここを拠点に活動することになっている[11]

またクラブハウスエントランスに小川幸造制作の高円宮憲仁親王銅像が建立され、2020年9月10日に除幕式が執り行われた[12]

施設概要[編集]

天然芝ピッチは2面有し、主に日本代表や女子日本代表(なでしこジャパン)が使用する。うち1面は芝の傷みを抑えるためにピッチサイズを通常の1.2倍に広げ、ピッチコンディションに応じて配置を換えられるようにしている。

人工芝ピッチは2面有し、主にアンダーカテゴリー代表のトレーニングに使用する。うち1面は千葉県サッカー協会が「千葉県フットボールセンター」として整備・運営することになっており、地域のサッカー活動にも使用される。

屋内施設としてアリーナが整備され、フットサル日本代表の活動拠点としての使用が想定されている。また、クラブハウスはトレーニングジムの他、天然温泉付きのバスルームが整備される。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “2015年度JFA第5回理事会を開催 ~千葉県幕張海浜公園をJFAナショナルフットボールセンター候補地に~” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2015年5月14日), https://www.jfa.jp/news/00006178/ 2020年3月15日閲覧。 
  2. ^ a b “「長年の夢」幕張で起工 JFAナショナルフットボールセンター(仮称) 施工は戸田建設(日本サッカー協会)”. 日刊建設新聞. (2018年10月16日). http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=22263 2020年3月15日閲覧。 
  3. ^ “完成待たれるサッカー新拠点=日本代表強化の中心、好アクセス”. 時事通信. (2019年8月24日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082400172&g=spo 2020年3月15日閲覧。 
  4. ^ “全カテゴリー代表監督が新拠点に引っ越し 田嶋会長「単なる練習場所ではない」”. デイリースポーツ. (2020年1月20日). https://www.daily.co.jp/soccer/2020/01/20/0013048006.shtml 2020年3月15日閲覧。 
  5. ^ “世界へ羽ばたく拠点の実現へ~「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」の設置許可書が交付” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年3月24日), https://www.jfa.jp/news/00016676/ 2020年3月15日閲覧。 
  6. ^ “「(仮称)JFAナショナルフットボールセンター」起工式を開催” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年10月15日), https://www.jfa.jp/news/00019129/ 2020年3月15日閲覧。 
  7. ^ a b c “日本サッカーの一大拠点「JFA夢フィールド」名称/ロゴ発表・建設寄付募集開始” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2018年12月25日), https://www.jfa.jp/news/00020137/ 2020年3月15日閲覧。 
  8. ^ “JFA夢フィールド 故高円宮殿下の宮号を冠し、「高円宮記念JFA夢フィールド」に決定” (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2019年10月29日), https://www.jfa.jp/news/00023274/ 2020年3月15日閲覧。 
  9. ^ 幕張のJFA新施設は『夢フィールド』に、目標2億円の寄付金募る”. ゲキサカ (2018年12月25日). 2020年3月15日閲覧。
  10. ^ 「高円宮記念JFA夢フィールド」子守神社にて神事を執行”. JFA.jp (2020年6月9日). 2020年6月11日閲覧。
  11. ^ “関東キャンプのお知らせ” (プレスリリース), 北海道コンサドーレ札幌, (2020年6月15日), https://www.consadole-sapporo.jp/news/2020/06/5114/ 2020年6月16日閲覧。 
  12. ^ “高円宮記念JFA夢フィールド 高円宮憲仁親王像 除幕式を挙行” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本サッカー協会, (2020年9月10日), http://www.jfa.jp/news/00025302/ 2020年9月10日閲覧。 

関連項目[編集]