高千穂宣麿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高千穂宣麿

高千穂 宣麿(たかちほ のぶまろ、元治元年12月15日1865年1月12日) - 昭和25年(1950年12月23日)は日本の昆虫学者、貴族院議員、宮司男爵東山天皇男系七世子孫である。

生涯[編集]

中納言徳大寺実則の次男として京都に生まれる。1870年、一家で東京に移住。父実則は明治天皇侍従となり、侯爵(のち公爵)の位を受ける。

訓蒙学舎、学習院学農社農学校などに学び、11歳頃から小石川の薬園(東京大学小石川植物園)や御成門の開拓使博物館に通って動植物への興味を満足させる。

1877年学習院に入学。昆虫標本作りに熱中する。博物学に志し、神田共立学校開成中学校・高等学校)に通って、大学予備門への入学を目指していたが、1883年豊前英彦山の座主高千穂家を継ぐことになったため、学業を中断して西に下り、英彦山神社宮司となる。1884年(明治17年)7月8日、男爵を叙爵した[1]

英彦山の大自然で生物の採集と観察に熱中し、1888年日本人として初めてタカチホヘビを採集。

1900年英彦山神宮の社務所の付近に高千穂昆虫学実験所を設立。1902年コーネル大学留学を卒えた桑名伊之吉を迎え、九州昆虫学研究所と改称。

1907年、貴族院議員に選ばれ東京に転居。1918年まで、農商務省農事試験場にて、桑名たちと共に害虫の飼育研究をおこなう。1913年からは東京帝室博物館(東京国立博物館)天産部にて昆虫標本を整理。1925年、再び彦山に移住。

1935年から1936年にかけて、研究所の一切を九州帝国大学に寄付。以後、九州帝国大学彦山生物学研究所と改称。自らもこの研究所で嘱託として勤務した。1950年、85歳で死去。

家族・親族[編集]

母は山内豊資の娘・嘉年子。父方の叔父に西園寺公望がいる。

系譜[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
太上天皇
 
今上天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷹司輔平
 
鷹司政煕
 
鷹司政通
 
鷹司輔煕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
德大寺公純
 
德大寺實則
 
德大寺公弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高千穂宣麿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

栄典[編集]

著作[編集]

  • 『鶯嶺仙話』(九州帝国大学附属彦山生物学研究所、1946年) - 自伝。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ a b 八幡和郎「今上天皇に血統の近い知られざる『男系男子』たち」『新潮45』36巻1号、新潮社2017年1月18日、42頁。
  3. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  4. ^ 『官報』第5842号「叙任及辞令」1902年12月22日。

関連項目[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
高千穂家初代
1884年 - 1947年
次代:
華族制度廃止