高升 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高 升 Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Gao Sheng
中国語 高升
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 (1962-05-10) 1962年5月10日(56歳)
出身地 遼寧省瀋陽市
身長 183cm
選手情報
在籍チーム 遼寧足球倶楽部(監督)
ポジション DMF
ユース
1976–1983 遼寧ユース
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1983–1991 遼寧足球倶楽部
1991–1995 富士通サッカー部
代表歴2
1983-1990  中国 (3)
監督歴
1996–2001 川崎フロンターレユース
2002 遼寧ユース(アシスタントコーチ)
2003–2006 遼寧足球倶楽部(アシスタントコーチ)
2007–2011 川崎フロンターレユース
2012–2013 杭州緑城(アシスタントコーチ)
2013– 遼寧足球倶楽部
1. 国内リーグ戦に限る。2014年2月5日現在。
2. 2014年2月5日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

高 升(こう しょう、ガオ・シェン、中国語: 高升1962年5月10日 - )は中華人民共和国遼寧省瀋陽市出身の元サッカー中国代表選手、サッカー指導者である。

現在は中国サッカー・スーパーリーグに所属する遼寧足球倶楽部の監督を務めている。

選手キャリア[編集]

高升は自身のキャリアを地元のサッカークラブであった遼寧足球倶楽部のユースチームで始めた。その後、1983年にトップチームに昇格した[1]。彼はすぐにチーム内で頭角を現し、アジアクラブ選手権1989-90を含む数々の優勝をクラブにもたらした。1991年、高升は沈祥福の招きに応じて来日、日本の富士通サッカー部に入団した。その後4年間プレーした後、1995年に高升は富士通サッカー部でサッカー選手を引退した[2]

監督キャリア[編集]

高升は選手引退後富士通サッカー部ユースチームの監督を務めていたが、2011年12月に遼寧省に戻り、かつてのチームメイトであった唐堯東英語版の下、アシスタントコーチとして遼寧足球倶楽部ユースチームの指導にあたった[3]。彼は李樹斌英語版サッカー中国代表の監督に就任した後2003年1月に遼寧足球倶楽部のアシスタントコーチを務めた。2006年末、高升はアシスタントコーチの職を辞し、再度富士通サッカー部の後継クラブである川崎フロンターレで指導者として仕事をするようになった。彼は岡田武史が中国スーパーリーグに所属する杭州緑城の監督に就任した際、招きに応じて杭州緑城のアシスタントコーチを務めた[4]。2013年11月、岡田武史が杭州緑城の監督を辞任すると、彼もまたアシスタントコーチの職を辞した。2013年11月27日、高升は3年間の契約で遼寧足球倶楽部の新監督に就任した[2]

代表戦での得点[編集]

No 日時 都市 会場 対戦相手 得点 結果 大会
1. 1988年6月2日 日本の旗 名古屋 瑞穂公園陸上競技場  日本 2–0 3–0 1988 キリンカップ
2. 1988年12月4日 カタールの旗 ドーハ カタールSCスタジアム  シリア 1–0 3–0 AFCアジアカップ1988
3. 1990年7月27日 中華人民共和国の旗 北京 工人体育場  北朝鮮 1–0 2–0 ダイナスティカップ1990

プライベート[編集]

高升は1990年代に日本人女性と結婚した。彼の息子である高宇洋(こう たかひろ)は2017年よりガンバ大阪に加入した[5]

脚注[編集]

  1. ^ “辽宁足球的风雨历程:85开启十连冠伟业 98重振雄风” (中国語). 瀋陽晚報. (2008年5月13日). http://sports.sina.com.cn/c/2008-05-13/07523658922.shtml 2014年2月5日閲覧。 
  2. ^ a b 关于聘用高升担任宏运足球队主教练的公告” (中国語). 遼寧足球倶楽部. 2014年2月5日閲覧。
  3. ^ “高升用义气诠释足球 前国脚商讨为张惠康献爱心” (中国語). 瀋陽今報. (2003年6月15日). http://sports.sohu.com/09/05/news210120509.shtml 2014年2月5日閲覧。 
  4. ^ “高升:都是因为冈田的一个电话” (中国語). 瀋陽晚報. (2012年2月2日). http://tech.hexun.com/2012-02-02/137697948.html 2014年2月5日閲覧。 
  5. ^ 元中国代表の息子がJリーグへ! http://www.recordchina.co.jp/a154274.html