高原一隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高原 一隆(たかはら かずたか、1947年- )は、日本経済学者博士(経済学)立命館大学)。専門は、経済政策地域経済学。特に、産地と産業クラスターとの関係を研究。北海学園大学名誉教授。大学紀要では「髙原一隆」と表記。

来歴[1][編集]

  • 広島県東広島市生まれ。
  • 1965年 修道高等学校卒業。
  • 1970年 愛媛大学文理学部(文科系)人文学乙・経済学専攻卒業。
  • 1978年 立命館大学大学院社会学研究科応用社会学専攻博士課程単位取得。
  • 1978年 立命館大学産業社会学部・京都府立大学短期大学部・橘女子大学で非常勤講師。
  • 1981年 札幌商科大学商学部助教授
  • 1984年 札幌学院大学商学部助教授。
  • 1988年 札幌学院大学商学部教授。
  • 1991年 札幌学院大学経済学部教授。
  • 1999年 広島大学総合科学部教授。
  • 2000年 広島大学大学院社会科学研究科教授を兼任。
  • 2001年 立命館大学にて経済学博士号取得。論題名は「地域システムと産業ネットワーク」[2]
  • 2003年 北海学園大学経済学部教授。
  • 2008年 北海学園大学開発研究所所長を併任。
  • 2015年 北海学園大学定年退職。同名誉教授。同経済学部非常勤講師(-2017年)。北海学園大学開発研究所特別研究員。

この他、札幌学院大学経済学部非常勤講師も務めた。

著書[編集]

  • 増田洋と共編『地域問題の経済分析 : 転機にたつ北洋漁業基地・根室市の場合』(大明堂、1986年)
  • 黒柳俊雄編『開発と自立の地域戦略 : 北海道活性化への道』(分担執筆、中央経済社、1997年)
  • 『地域システムと産業ネットワーク』(法律文化社、1999年)
  • 鯵坂学と共編『地方都市の比較研究』(法律文化社、1999年)
  • 宮本憲一佐々木雅幸編『沖縄21世紀への挑戦』(分担執筆、岩波書店、2000年)
  • 仲村政文、伊東維年、蔦川正義共編『地域ルネッサンスとネットワーク』(分担執筆、ミ​ネ​ル​ヴ​ァ​書​房、2005年)
  • 中村剛治郎編『地域の活力を日本の力に―新時代の地域経済学』(分担執筆、全国信用金庫協会、2005年)
  • 『ネットワークの地域経済学―小さな会社のネットワークが知域をつくる』(法律文化社、2008年)
  • 『地域構造の多様性と内発的発展 : 北海道の地域分析』(日本経済評論社、2014年)

注解[編集]

  1. ^ 「高原一隆教授略歴」『北海学園大学経済論集 62巻4号』(北海学園大学経済学会、2015.3)巻頭9-14頁
  2. ^ 博士論文データベースによる。

参考文献[編集]

  • 『北海道人物・人材情報リスト 2004 かーと』(日外アソシエーツ編集・発行、2004年)

関連項目[編集]