高原敬武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高原 敬武
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・東京都
生年月日 (1951-06-06) 1951年6月6日(67歳)
F1での経歴
活動時期 1976,1977
所属チーム '76 サーティース
'77 コジマ
出走回数 2
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
最終戦 1977年日本GP
テンプレートを表示

高原 敬武(たかはら のりたけ、1951年6月6日 - )は、日本の元レーシングドライバーで、自らのチーム「高原レーシング」オーナーであった。1970年代に活躍し、星野一義が台頭するまで国内レース界で「高原時代」を築いた。また、ノンチャンピオンシップ戦ながら、日本人として初めてフォーミュラ1に出場したドライバーとなった[1]。元妻は元タレントの松尾ジーナ[2]

主な戦績[編集]

  • 1969年 - 4輪レースデビュー。
  • 1971年 - この年に始まった富士グランチャンピオンレース(以下GC)にポルシェ・906ローラT212で参戦、総合成績3位。
  • 1972年 - ローラT280でGCに参戦。
  • 1973年 - ローラT292とシェブロンB23でGCに参戦、総合チャンピオン。この年に始まった全日本F2000ブラバムBT36で参戦、総合3位。
  • 1974年 - マーチ742で全日本F2000に参戦、総合チャンピオン。マーチ74SでGCに参戦、長谷見昌弘に1点及ばず総合成績2位。4月、デイリー・エクスプレス・インターナショナル・トロフィー[3]にマーチ741で参戦、予選14位・決勝11位。非選手権戦ながら日本人として初めてF1レース出場者となる。
  • 1975年 - マーチ74SでGCに参戦、5戦4勝(最終戦は2位)で総合チャンピオン。マーチ742で全日本F2000に参戦、星野一義と同点ながら総合2位。
  • 1976年 - マーチ74SでGCに参戦、総合チャンピオン。ノバ512で全日本F2000に参戦、総合チャンピオン。F1世界選手権イン・ジャパンサーティースTS19で参戦、予選24位・決勝9位。
  • 1977年 - マーチ73Sと紫電77とシェブロンB36でGCに参戦、総合8位。ノバ512で全日本F2000に参戦、総合6位。F1日本グランプリコジマKE009で参戦、予選19位・決勝リタイア。
  • 1978年 - 紫電改とマーチSp1でGCに参戦、総合5位。ノバ512とマルティニMK22で全日本F2選手権に参戦、総合8位。
  • 1979年 - 生沢徹のチームに加入。GRD-S74でGCに参戦、総合6位。マーチ792で全日本F2に参戦、総合8位。
  • 1980年 - 再び自身のTAKAHARA RACINGで富士GCにエントリー。MCS-Ⅰを駆って参加するもシーズン途中で活動を休止。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1976年 サーティース TS19 BRA RSA USW ESP BEL MON SWE FRA GBR GER AUT NED ITA CAN USA JPN
9
NC
(28位)
0
1977年 コジマ KE009 ARG BRA RSA USW ESP MON BEL SWE FRA GBR GER AUT NED ITA USA CAN JPN
Ret
NC
(49位)
0

(key)

脚注[編集]

  1. ^ F1世界選手権レースに日本人として初めて参加したのは1975年の鮒子田寛
  2. ^ 店長のレーシングヒストリー第9話「ダンディな高原選手とカネボウダンディマークIII」 - ゆらたく屋
  3. ^ F1F5000の混走レース。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • AUTO SPORTS YEAR BOOK(三栄書房)
  • AUTO SPORTS(三栄書房)
  • オートテクニック(山海堂)