高啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高 啓(こう けい、1336年 - 1374年)は、中国・代初期の詩人。字は季廸、号は青邱。江蘇省蘇州の出身。「呉中四傑」の一人。娘が一人いる。

略伝[編集]

幼少より神童とうたわれ、書は読まざるなしといわれたほどの博学で知られた。王行、徐賁ら北郭十友と交わって早熟の詩才を誇り、また、史書を好んだ。

張士誠の乱を避けて隠れていたが、1369年に招かれて太祖に仕え『元史』の編纂に加わった。

1370年に翰林院編修になり、戸部侍郎に抜擢されたがすぐに辞し、蘇州郊外の青邱に戻り在野の詩人として活躍した。

しかしその詩(「宮女図」)に、太祖を諷刺したものがあり、また友人で蘇州知事でもあった魏観のために書いた文章が禍して腰斬の刑に処せられた。齢39。

洪武6年(1373年)、楓橋において死を覚悟しての北行に際して「絶命詩」を詠んでいた。

[編集]

明の詩人では最も才能に恵まれ、この世のあらゆる対象を約2000首の詩に表した。詩の意味は平明、表現は淡泊であるが、夭折のため独自の風格を示していない。

日本では江戸時代明治時代を通じて愛唱された。著に『高太史大全集』18巻、『高太史鳧藻集』5巻、『扣舷集』1巻がある。「青丘子歌」には自己の文学論が述べられており、森鴎外に文語調の訳詩がある。

題雲林小景
歸人渡水少  帰人 渡水少し
空林掩煙舎  空林 煙舎を掩う
獨立望秋山  独り立ち 秋山を望めば
鐘鳴夕陽下  鐘鳴りて夕日下る


尋胡隠君
渡水復渡水  水を渡り また水を渡り
看花還看花  花をみ また花を看る
春風江上路  春風江上の路
不覺到君家  覚えず君が家に到る


逢呉秀才復送帰江上
江上停舟問客縱  江上舟を停めて客縦を問う
乱前相別乱餘逢  乱前に相別れて乱余に逢う
暫時握手還分手  暫時 手を握り還た手を分かつ
暮雨南陵水寺鐘  暮雨の南陵 水寺の鐘

版本[編集]

関連項目[編集]