高寺彰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高寺 彰彦(たかでら あきひこ、1960年7月18日[1] - 2019年4月23日[2][3])は、日本漫画家

概要[編集]

静岡県下田市出身[1]。漫画情報誌『ぱふ』へマンガの投稿をしながら、まついなつきの紹介で大友克洋と知り合い、大友の『気分はもう戦争』第4話からアシスタントを始める[4]

1980年、『マンガ奇想天外 SFマンガ大全集 No.4 1981年 WINTER』に「FOGGY GOBLIN」を発表してデビュー[4][5]。デビュー後も自作品を描きながら、大友のアシスタントを『AKIRA』の頃まで続ける。他にも白山宣之の仕事も手伝い、逆に大友や白山がデビューしたばかりの高寺の作品を手伝うこともあったという[4]。大友の『童夢』ではカッターナイフで首を切るシーンのモデルを務めた他[4]、背景をほとんど一人で書き上げている[6]

90年代後半、コミッカーズにて「栗8通信」を連載。漫画のシナリオ術や、アングル構図などの理論を発表。当時流行していた絵柄が、劣化コピーによって顔の骨格が奇形になっているという辛辣な意見は、誌面において読者との間で論争になった[7]。後にこれらの指摘は、少女漫画においての指摘であり、萌え絵についてでは無いと語っている[8]

2012年に病没した白山宣之の遺作集を、白山宣之の妻と共に企画立案し、2013年に双葉社より出版した。

2014年多発性骨髄腫と診断され、長らく闘病を続けていた[2]2019年3月12日、自らのTwitterで、同年2月28日に脊髄に血栓が生じて四肢麻痺に陥ったため画業の継続が不可能な状況となり、従来の自身の仕事については(いったん)廃業の形をとらざるを得なくなったことを報告した[9][10]。その後死去したことが同年4月24日午前に報じられ[3]、同日夕方に本人のTwitterアカウントでも前日23日に亡くなったことが告知された[2]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

イラスト[編集]

コラム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「日本漫画家名鑑500」編集委員会『日本漫画家名鑑500』アクア・プランニング、1992年、pp.516-517
  2. ^ a b c takadera, 高寺 彰彦 akihiko (2019年4月24日). “2019年4月23日、かねてより病気療養中だった高寺彰彦は享年58歳にて永眠いたしました。…” (日本語). @Ace_Number1. 2019年4月24日閲覧。
  3. ^ a b “漫画家の高寺彰彦さん死去 3月廃業「サヨウナラ」”. 日刊スポーツ. (2019年4月24日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904240000327.html 2019年4月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d 高寺彰彦「私が見る大友克洋3 いきなりアシスタントですか?」『芸術新潮』2012年4月号、pp.84-85
  5. ^ 『マンガ奇想天外 No.4』の発行日は1981年1月15日となっているが、発売日は前年の1980年
  6. ^ 別冊美術手帖マンガテクニック (1998年8月号)
  7. ^ 隔月刊コミッカーズ (1997年6月号)
  8. ^ takadera, 高寺 彰彦 akihiko (2011年12月1日). “…自分は「萌え絵」には興味が無く、あの記事の指摘は、少女漫画絵に対するものです。…” (日本語). @Ace_Number1. 2019年4月24日閲覧。
  9. ^ takadera, 高寺 彰彦 akihiko (2019年3月12日). “⑤ 先月の28日を以て、これ迄の高寺彰彦は、以前と同じ仕事が出来ず、廃業という形になります。…” (日本語). @Ace_Number1. 2019年4月24日閲覧。
  10. ^ takadera, 高寺 彰彦 akihiko (2019年4月24日). “2014年に多発性骨髄腫と診断され、5年にわたり闘病を続けて参りましたが、今年の3月に四肢麻痺を発症。…” (日本語). @Ace_Number1. 2019年4月24日閲覧。

関連項目[編集]