高尾一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

高尾 一彦(たかお かずひこ、1924年3月3日 - )は、日本の日本史学者、神戸大学名誉教授。

略歴[編集]

大阪府生まれ。京都大学文学部史学科卒業。1951年神戸大学文学部講師、1958年助教授、1972年教授となる。1987年定年退官、名誉教授、樟蔭女子短期大学教授を務めた。日本近世史を講じ、近世庶民文化研究の分野で数多くの問題提起的な論文がある[1]

著書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987