高尾通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 灘区 > 高尾通

高尾通(たかおどおり)は兵庫県神戸市灘区の町名の一つで、旧・五毛字平山・山田・農手 ・仏元・箕岡、旧・上野字東市兵衛・西市兵衛・絵馬堂・滝ノ口から成立した。郵便番号:657-0813。

地理[編集]

南東は五毛通、南で僅かに薬師通に接し、西は城の下通、北から北東は箕岡通。東から順に一~四丁目がある。

由来[編集]

『神戸の町名』によれば高尾は高い尾根の事であり、五毛村・上野村ともに字名としていたという。摩耶ケーブル駅(箕岡通)の旧名「高尾駅」は上野村の分で、五毛村の方には摩耶山への旧道があり、文安4年(1447年)の「摩耶十八丁」の丁石があったが、摩耶ケーブルの前へ移されている。旧字名の仏元[1](ほとけのもと)は摩耶山天上寺が最初に建ったところだという。[2]

人口統計[編集]

平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数388、人口1,042、うち男性564人、女性478人 [3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『灘区の町名』では「仏ノ元」
  2. ^ 神戸史学会 2007
  3. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年8月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 『灘区の町名』 灘区役所広報相談課、灘区役所広報相談課、1976年