高山啓義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高山 啓義
個人情報
誕生日 (1974-03-18) 1974年3月18日(45歳)
出身地 日本の旗 日本
栃木県
他職業 教諭高等学校
国内
リーグ 役割
2000 - 2002 Jリーグ 副審
2002 - Jリーグ 主審
国際
リーグ 役割
2004 - 2014 FIFA選出 主審

高山 啓義(たかやま ひろよし、1974年3月18日 - )は、栃木県出身のサッカー審判員。元国際審判員。

経歴[編集]

宇都宮北高校国士舘大学卒業。1999年11月に1級審判員として登録され、2000年から副審として日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の審判員を担当。2002年からはJ2リーグの、2003年からはJ1リーグの主審を担当している。2019年4月20日に行われた2019明治安田生命J1リーグ第8節・清水エスパルスセレッソ大阪戦でJ1通算主審担当200試合を達成した(史上11人目)[1]

2004年から2014年までは、国際審判員として登録され、2006年カタールドーハで行われたアジア大会の男子決勝カタールイラクの主審を務めた。

普段は栃木県内で高等学校の教諭を務めており、2018年時点では栃木県立宇都宮清陵高等学校でサッカー部の監督を務めている[2]。同じくサッカー審判員である吉田寿光と共に、栃木県立石橋高等学校にて同時期に教員を務めていたことがある。

エピソード[編集]

カードを頻繁に出す傾向があり、2004年5月9日清水エスパルスセレッソ大阪戦ではJリーグ最多記録となる一試合13枚のイエローカードを提示した。(レッドカード2枚)

2009年6月28日、セレッソ大阪水戸ホーリーホック戦において、スローインを他の選手に代わろうとした香川真司に対してイエローカードを出すそぶりで威嚇した。[3][4]

2009年8月22日、柏レイソル横浜F・マリノス戦において、横浜山瀬功治が相手DFに両手で抱え込まれて倒れたが、主審の高山は故意の転倒と判断し、山瀬に対しこの試合2枚目のイエローカードを提示、退場処分とした。この判定に対してマリノスはJリーグへ意見書を提出。Jリーグは高山に2試合割り当てを外す処分を行った。その後、高山は誤審を認めた[5][6]

2015年6月6日、アビスパ福岡徳島ヴォルティス戦において、プレー中に倒れ込んだ福岡の酒井宣福(父親が日本人、母親がドイツ人のハーフ)に「Are you OK?」と英語で問いかけ、これに酒井が「大丈夫です」と日本語で返すと「なんだ、お前、日本語を話せるんだ」と笑いながら応じたと報じられた。酒井の所属する福岡は、これを「差別的発言とも取れる」として問題視し、Jリーグに意見書を提出。高山はマッチコミッショナーの聴取に対し発言を否定した[7]

脚注[編集]