高山市立北小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高山市立北小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 高山市
共学・別学 男女共学
所在地 506-0004
岐阜県高山市桐生町2丁目21
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

高山市立北小学校(たかやましりつ きたしょうがっこう)は、岐阜県高山市にある小学校。

沿革[編集]

旧・灘村の小学校であるが、1874年の灘学校を前身とする灘尋常小学校は山王小学校の前身校であり、北小学校の前身となる灘尋常小学校は1897年に2つの尋常小学校が統合され、新たに発足した学校である。

  • 1874年(明治7年)3月 - 七日町村に灘学校が開校。校区は西之一色村、七日町村、花里村、上岡本村、下岡本村、桐生村。
  • 1875年(明治8年)1月31日 - 大野郡灘郷、大八賀郷のうち23ヶ村[注釈 1]が合併し、大名田村となる。
  • 1884年(明治17年) - 三福寺に三福寺支校を設置。
  • 1886年(明治19年) - 灘簡易科小学校に改称する。三福寺支校が三福寺簡易科小学校として分立。
  • 1887年(明治20年) - 本母分教場を設置。本母、冬頭、松本の児童が分教場に移る。
  • 1888年(明治21年) - 灘尋常小学校に改称する。
  • 1892年(明治25年)5月19日 - 大名田村が、大名田村[注釈 2]灘村[注釈 3]大八賀村[注釈 4]に分離する。灘尋常小学校の校区は灘村(上岡本、下岡本、桐生)、大名田村(花里、西之一色、七日町)となる。また、上岡本、下岡本、桐生は大名田村に委託となる。これにより、灘尋常小学校は大名田村の児童のみ通学となる。
  • 1894年(明治27年) - 灘村の有力者の手により、大名田村への委託を無視して下岡本に仮教場を設置。上岡本、下岡本、桐生の児童が通学する。
  • 1895年(明治28年) -
    • 下岡本の仮教場が認可され、岡本尋常小学校となる。
    • 本母分教場が灘尋常小学校から分立し、本母尋常小学校となる。
  • 1897年(明治30年) -
    • 千島尋常小学校が灘尋常小学校を統合し、大名田尋常小学校となる。
    • 岡本尋常小学校と本母尋常小学校を統合し、新たな灘尋常小学校が発足。
  • 1926年(大正15年)10月1日 - 灘村が高山市に編入される。同時に高山北尋常小学校に改称する。
  • 1936年(昭和11年) - 高山北尋常高等小学校に改称する。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 北国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 高山市立北小学校に改称する。
  • 1965年(昭和40年) - 上野小学校を統合する。上野分校を設置。
  • 1968年(昭和43年) - 上野分校が東小学校に統合され、廃止。

注釈[編集]

  1. ^ 上岡本村、松本村、下岡本村、桐生村、本母村、冬頭村、片野村、石浦村、千島村、花里村、西之一色村、七日町村、江名子村、三福寺村、松之木村、五名村、漆垣内村、大洞村、塩屋村、山口村、大島村、岩井村、滝村
  2. ^ 片野村、石浦村、千島村、花里村、西之一色村、七日町村、江名子村
  3. ^ 上岡本村、松本村、下岡本村、桐生村、本母村、冬頭村
  4. ^ 三福寺村、松之木村、五名村、漆垣内村、大洞村、塩屋村、山口村、大島村、岩井村、滝村

出典[編集]


参考文献[編集]

  • 高山市史 下巻 (高山市 1953年) P.56 - 85
  • 上岡本町郷土史 今むかし (上岡本町郷土史編纂委員会 1982年) P.133 - 194
  • 高山市森下町誌 (森下町誌刊行会 1986年) P.458 - 552