高山市立本郷小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高山市立本郷小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 高山市
設立年月日 1874年
共学・別学 男女共学
所在地 506-1313
岐阜県高山市高山市上宝町在家1642
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

高山市立本郷小学校 (たかやましりつ ほんごうしょうがっこう)は、岐阜県高山市にある公立小学校

校区は上宝町新田、上宝町荒原、上宝町岩井戸、上宝町芋生茂、上宝町金木戸、上宝町葛山、上宝町蔵柱、上宝町在家、上宝町下佐谷、上宝町双六、上宝町長倉、上宝町中山、上宝町鼠餅、上宝町本郷、上宝町見座、上宝町宮原上宝町吉野であり、旧・吉城郡上宝村北西部に該当する。


沿革[編集]

ここでは本郷小学校に統合された小学校についても記述する。

  • 1874年(明治7年)3月 - 本郷村に本郷学校が開校する。校区は在家村、本郷村、吉野村、宮原村、新田村、見座村、双六村、中山村、金木戸村。
  • 1875年(明治8年) - 平湯村、一重ヶ根村、神坂村、栃尾村、今見村、田頃家村、柏当村、蓼之俣村、笹島村、赤桶村、福地村、中尾村、下佐谷村、苧生茂村、葛山村、鼠餅村、新田村、長倉村、岩井戸村、在家村、本郷村、吉野村、上灘村、見座村、宮原村、双六村、中山村、桃原村、荒原村、蔵柱村、金木戸村が合併し、上宝村が発足。
  • 1883年(明治15年) - 宮原学校を分離する。
  • 1886年(明治19年) - 本郷簡易科小学校に改称する。
  • 1892年(明治25年) - 本郷尋常小学校に改称する。
  • 1900年(明治33年) - 上宝尋常小学校に改称する。
  • 1908年(明治41年) - 上宝尋常小学校、長倉尋常小学校、双六尋常小学校、宮原学校の統合が計画されるが、反対運動が発生。翌年まで村、学校、保護者の間で紛糾する事態となる(学校騒動)。
  • 1909年(明治42年)
    • 4月 - 宮原学校を統合。上宝第一尋常小学校に改称する。
    • 7月 - 上宝第一尋常高等小学校に改称する。
  • 1912年(明治45年) - 農業補習学校を併設する。
  • 1926年(大正15年) - 青年訓練所を併設する。
  • 1935年(昭和10年) - 青年学校を併設する。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 上宝第一国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 上宝村立上宝第一小学校に改称する。
  • 1959年(昭和34年)4月 - 上宝村立本郷小学校に改称する。
  • 1964年(昭和39年)4月 - 蓑谷地区[注釈 1]丹生川村立国見小学校への委託を解消し、蓑谷地区は本郷小学校への通学となる。
  • 1965年(昭和40年)4月 - 双六小学校を統合する。
  • 1968年(昭和43年)4月 - 長倉小学校を統合する。長倉小学校大原冬季分校は本郷小学校へ移管される。
  • 1969年(昭和44年)3月 - 大原冬季分校を廃止。
  • 1975年(昭和50年)4月 - 蔵柱小学校を統合する。新校舎(鉄筋コンクリート造)が完成する。
  • 2005年(平成17年)2月1日 - 上宝村が高山市に編入される。同時に高山市立本郷小学校に改称する。

注釈[編集]

  1. ^ 現在の高山市上宝村鼠餅の南部。沢上谷(高原川支流)の上流部の集落。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 上宝村史 上巻 (上宝村史刊行委員会編 2005年) P.523 - 568 P.990 - 1007
  • 皇紀二千六百年記念上寶村誌 (上寶村 1940年) P.530 - 562

関連項目[編集]