高山市立栃尾小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高山市立栃尾小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 高山市
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
所在地 506-1423
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾350
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

高山市立栃尾小学校 (たかやましりつ とちおしょうがっこう)は、岐阜県高山市にある公立小学校

校区は高山市奥飛騨温泉郷赤桶、奥飛騨温泉郷今見、奥飛騨温泉郷柏当、奥飛騨温泉郷神坂、奥飛騨温泉郷笹嶋、奥飛騨温泉郷田頃家、奥飛騨温泉郷蓼之俣、奥飛騨温泉郷栃尾、奥飛騨温泉郷中尾、奥飛騨温泉郷一重ケ根、奥飛騨温泉郷平湯、奥飛騨温泉郷福地、奥飛騨温泉郷村上であり、旧・吉城郡上宝村南東部に該当する。


沿革[編集]

  • 1874年(明治7年)4月 -
    • 田頃家村に田頃家学校が開校する。校区は蓼之俣村、笹島村、赤桶村、栃尾村、今見村。
    •  一重ケ根村に田頃家学校一重ケ根支校が開校。校区は平湯村、一重ヶ根村、神坂村、中尾村、福地村。
  • 1875年(明治8年) - 平湯村、一重ヶ根村、神坂村、栃尾村、今見村、田頃家村、柏当村、蓼之俣村、笹島村、赤桶村、福地村、中尾村、下佐谷村、苧生茂村、葛山村、鼠餅村、新田村、長倉村、岩井戸村、在家村、本郷村、吉野村、上灘村、見座村、宮原村、双六村、中山村、桃原村、荒原村、蔵柱村、金木戸村が合併し、上宝村が発足。
  • 1878年(明治11年) - 一重ケ根支校が一重ケ根学校として独立する。
  • 1886年(明治19年) - 田頃家学校が田頃家簡易科小学校、一重ケ根学校が一重ケ根簡易科小学校に、それぞれ改称する。
  • 1892年(明治25年) - 田頃家簡易科小学校が田頃家尋常小学校、一重ケ根簡易科小学校が一重ケ根尋常小学校に、それぞれ改称する。
  • 1909年(明治42年) - 田頃家尋常小学校と一重ケ根尋常小学校を統合し、上宝第二尋常小学校となる。平湯分教場を設置。
  • 1911年(明治44年) - 現在地に移転。
  • 1912年(明治45年) - 上宝第二尋常高等小学校に改称する。
  • 1926年(大正15年) - 中尾冬季分教場を設置。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 上宝第二国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 上宝村立上宝第二小学校に改称する。上宝村立第二中学校を併設。
  • 1954年(昭和29年)4月 - 平湯分校が平湯小学校として独立する。
  • 1959年(昭和34年) - 上宝村立栃尾小学校に改称する。併設されていた上宝村立第二中学校は上宝村立栃尾中学校[注釈 1]に改称し独立。併設が解消される。
  • 1968年(昭和43年)3月 - 平湯小学校を統合する。平湯分教場を設置。
  • 1969年(昭和44年)3月 - 平湯分教場を廃止。
  • 1970年(昭和45年)3月 - 中尾分校を廃止。
  • 1977年(昭和52年) - 新校舎(鉄筋コンクリート造)が完成。
  • 2005年(平成17年)2月1日 - 上宝村が高山市に編入される。同時に高山市立栃尾小学校に改称する。

注釈[編集]

  1. ^ 2004年、本郷中学校と統合し北稜中学校

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 上宝村史 上巻 (上宝村史刊行委員会編 2005年) P.523 - 568 P.990 - 1007
  • 皇紀二千六百年記念上寶村誌 (上寶村 1940年) P.530 - 562

関連項目[編集]