高山樹延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高山 樹延
基本情報
本名 金 樹延[1]
階級 ウェルター級[2]
身長 172cm[2]
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1985-12-09) 1985年12月9日(33歳)[2]
出身地 秋田県の旗 秋田県秋田市[2]
スタイル 右ファイター[2]
プロボクシング戦績
総試合数 26[2][3]
勝ち 24[2][3]
KO勝ち 8[2][3]
敗け 2[2][3]
引き分け 0[2][3]
テンプレートを表示

高山 樹延(たかやま すよん、1985年12月9日 - )は、在日韓国人の元男子プロボクサー。本名は金 樹延(キム・スヨン)[1]秋田県秋田市出身。東北朝鮮初中高級学校卒業[1]角海老宝石ボクシングジム所属[2]、担当トレーナーは佐藤直樹[2]

第51代日本ウェルター級王座を6回防衛した[2][3]。なお、2015年11月時点で6回の防衛回数は現役王者最多記録[4]。また東洋太平洋ボクシング連盟 (OPBF)東洋太平洋ウェルター級暫定王座を獲得している[2][3]

プロでの生涯戦績は26戦24勝(8KO)2敗0分[2][3]

来歴[編集]

2007年7月25日、東京都後楽園ホールでプロデビュー、最終4回判定2-0(39-38、39-38、38-38)で勝利を得た[2]

2012年12月21日、渡部あきのりがOPBF東洋太平洋王座専念のため返上した日本ウェルター級王座を斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ)と争い、判定で初タイトル獲得となった[5]

2013年3月25日、初防衛戦は尹文鉉(ドリーム)との史上初となる朝鮮学校出身者同士による日本タイトルマッチとして行われ、2-1の判定で初防衛成功[1]

その後日本ウェルター級王座を6度防衛した後、2015年11月9日付で日本ボクシングコミッション (JBC)に同王座返上届を提出することで王座返上を行い、OPBF東洋太平洋王座および世界王座を目標とすることを理由に挙げた[4][6]

2016年2月23日にはフィリピンのジョエル・デラ・クルーズとOPBF東洋太平洋ウェルター級暫定王座決定戦を争い、6ラウンドKOで勝利し暫定王座を獲得している[2][3]

2016年7月25日に東京都の後楽園ホールで行われたOPBF東洋太平洋ウエルター級タイトルマッチでは正規王者のジャック・ブルベイカー(オーストラリア)と王座統一を賭けて戦ったが、試合は終始ペースを取られ、11ラウンドに1度ダウンを奪ったものの判定となり結果は1-2(111-116、115-113、112-115)で敗北した[2][3][7]。この敗北により2月に獲得していた暫定王座も失い、王座統一に失敗しノンタイトルとなった[7]

2016年9月23日、自身の公式ブログ上にて現役引退を表明した[8][3]

引退に際して高山は

ボクシングと出会い皆様と出会い、自分にとってこの10年はかけがえのない時間となりました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

(中略)
プロボクサー高山樹延を応援していただき誠にありがとうございました!

takayamasuyonのブログ、2016年9月23日17時48分付

と綴っている。

戦績[編集]

日付結果時間内容対戦相手開催地備考出典
2007年
7月25日勝利4R判定 2-0日本の旗伊藤修平(ドリーム)後楽園ホールプロデビュー戦[2]
11月1日勝利4R判定 2-0日本の旗大泉雄司(新田)後楽園ホール[2]
2008年
3月8日勝利4R判定 3-0日本の旗望月勇(沼田)新宿FACE[2]
8月4日勝利4R判定 2-0日本の旗浅野裕一(船橋ドラゴン)後楽園ホール東日本新人王ウェルター級予選[2]
9月25日勝利1RTKO日本の旗向幹一郎(セレス)後楽園ホール東日本新人王ウェルター級準決勝[2]
11月2日勝利5R判定 2-1日本の旗新藤寛之(宮田)後楽園ホール東日本新人王ウェルター級決勝[2]
12月21日勝利5R判定 3-0日本の旗小林勇介(仲里ATSUMI)後楽園ホール全日本新人王決定戦ウェルター級決勝、新人王獲得[2]
2009年
5月19日勝利1RTKO日本の旗豊田裕輔(楠三好)後楽園ホール[2]
8月1日勝利2RTKO日本の旗和田直樹(花形)後楽園ホール[2]
12月17日勝利8R判定 2-1日本の旗田中慎吾(西城)後楽園ホール[2]
2010年
4月23日勝利2RTKO日本の旗中村尚平太(八王子中屋)後楽園ホール[2]
7月15日勝利3RTKO日本の旗高桑和剛(輪島スポーツ)後楽園ホール[2]
2011年
2月18日敗北8R判定 1-2日本の旗出田裕一(ヨネクラ)後楽園ホール[2]
7月20日勝利8R判定 3-0日本の旗千葉透(国際)後楽園ホール[2]
10月1日勝利4RTKO大韓民国の旗朴眞用後楽園ホール[2]
2012年
3月6日勝利8R判定 2-1日本の旗千葉透(国際)後楽園ホール[2]
11月9日勝利3RTKOタイ王国の旗ペッチトンチャイ・シリモンコンジム後楽園ホール[2]
12月21日勝利10R判定 3-0日本の旗斉藤幸伸丸輪島功一スポーツ後楽園ホール日本ウェルター級王座決定戦、王座獲得[2][3]
2013年
3月25日勝利10R判定 3-0大韓民国の旗尹文鉉(ドリーム)後楽園ホール日本ウェルター級王座防衛1[2]
10月5日勝利10R判定 3-0日本の旗コブラ諏訪(ピューマ渡久地)後楽園ホール日本ウェルター級王座防衛2[2]
2014年
3月17日勝利10R判定 3-0日本の旗鈴木哲也(六島)後楽園ホール日本ウェルター級王座防衛3[2]
7月28日勝利10R判定 2-0日本の旗斉藤幸伸丸(輪島功一スポーツ)後楽園ホール日本ウェルター級王座防衛4[2]
2015年
3月7日勝利10R判定 3-0日本の旗新藤寛之(宮田)後楽園ホール日本ウェルター級王座防衛5[2]
9月30日勝利10R判定 3-0日本の旗田中亮治(ヨネクラ)後楽園ホール日本ウェルター級王座防衛6[2][3]
2016年
2月23日勝利6RKOフィリピンの旗ジョエル・デラ・クルーズ後楽園ホールOPBF東洋太平洋ウェルター級暫定王座決定戦、暫定王座獲得[2][3]
7月25日敗北12R判定 0-0オーストラリアの旗ジャック・ブルベイカー後楽園ホールOPBF東洋太平洋ウェルター級王座統一戦[2][3][7]
テンプレート

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

第51代日本ウェルター級王者
[表示]
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:渡部あきのり
2012年12月21日 - 2015年11月10日(返上)空位
(次タイトル獲得者:N/A