高山 (タンカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
基本情報
経歴
起工 1992年12月15日
進水 1993年7月9日
竣工 1993年11月30日
要目
総トン数 149,963 トン
(150,053 トンの資料あり)
載貨重量 259,991 トン
全長 332.0 m
垂線間長 318.0 m
全幅 58.0 m
型深さ 29.5 m
喫水 19.264 m
主機関 ディーゼルエンジン 1基
出力 26,850馬力(最大)
24,160馬力(常用)
最大速力 16.3ノット
航海速力 15.35ノット
乗組員 34名
テンプレートを表示

高山(たかやま)は、日本郵船が運航する原油タンカーで、1993年日本鋼管津製作所で建造された。2008年ソマリア沖にて海賊の襲撃を受ける。2009年大型鉱石専用船に改造された。

海賊襲撃事件[編集]

2008年4月4日韓国ウルサン港を出港。

4月21日積み地のサウジアラビアヤンブー港に向け空荷での回送航行中、イエメンアデン湾アデン東方約440km)にて海賊と見られる小型不審船1隻からロケット弾によるものと思われる攻撃を受け、船体に被弾。乗組員にケガはなく、左舷船尾に直径約20mmの損傷を生じ燃料油が一部漏れたものの航行に支障無く、22日アデン湾に入る。

29日仮修理を行い、日本海事協会から堪航性に関する確認を受け、5月1日ペルシア湾に向けアデンを出港した。

参考文献[編集]

  • 船舶技術協会『船の科学』1994年5月号 第47巻第5号
  • 海人社『世界の艦船』2008年7月号 No.692
  • 海人社『世界の艦船』2009年3月号 No.703

関連項目[編集]