高岡市立野村小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高岡市立野村小学校
高岡市立野村小学校
過去の名称 野村尋常小学校、野村国民学校
国公私立の別 公立(市立)
設置者 高岡市
設立年月日 1890年4月
創校記念日 7月[1]
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 933-0014
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示
高岡市立野村小学校の位置(富山県内)
高岡市立野村小学校

高岡市立野村小学校(たかおかしりつ のむらしょうがっこう)は、富山県高岡市にある公立小学校

概要[編集]

高岡市最大の小学校の一つ。児童数は校区の宅地化やベビーブームの影響で1984年の1208人がピークだったが、現在は800人程度で推移している。卒業後、ほとんどの児童が高岡市立芳野中学校に進学する。

制服はなく、児童は私服か指定の体操服で通学しており、卒業式でもほとんどの卒業生が芳野中学校の制服を着用する。体操服は地元の洋品店で販売されているほか、近年は校区の一部のコンビニエンスストアでも取り扱いがある。

学校の北側に富山県道44号(旧国道8号)、東側を富山県道57号が走り、車でのアクセスには便利な位置にあるが、駐車場は職員用のものしかない。

創校70周年を記念して作られた舞踊「石瀬野に」が踊り継がれている。大伴家持の詠んだ歌をもとに作られたもので、現在も学習発表会などで踊られている。また、「石瀬野に」の歌は地元のコーラス隊「いわせのコーラス」にも歌われており、万葉集全20巻朗唱の会などで披露されている。

ウインドアンサンブルでも有名。

シンボル[編集]

野村小学校のクロマツ
野村小学校のアカマツ

校歌[編集]

現在の校歌は1952年に作詞、作曲された。

校章[編集]

校章は1956年に提示された三つの案から選ばれた。校章のデザインは、かつて野村に多く生えていたハギの木の葉をイメージした「の」の字を放射状に六つ配置し、その中央に「ら」の字に囲まれた立山連峰庄川を描いたもので、「」の字がっつと「」の字で「のむら」を意味している。

松の木[編集]

学校のシンボルとしてクロマツアカマツの老木がある。クロマツは1915年に職員と児童が植えたもので、アカマツは1910年野村神社から移植されたものである。アカマツは南校舎の起工時に工事の邪魔になり、現在の位置へ再移植された。

沿革[編集]

校区[編集]

  • 井口本江(富山県道73号以北。以南は下関校区
  • 蓮花寺西部
  • 蓮花寺中部
  • 蓮花寺東部
  • 蓮花寺新町
  • 蓮花寺
  • 三女子
  • 二枚橋
  • 野村第一
  • 野村第二
  • 野村第三
  • 野村第四
  • 野村第五(国道8号以南。以北は能町校区
  • 双葉町
  • 玉兎ヶ丘
  • 野村東町
  • 富田町
  • 深田町
  • 寿町
  • 美原町
  • 長和里
  • 高園町
  • 出来田新町
  • 出来田
  • 上石瀬
  • 石瀬本町
  • 石瀬中町
  • 石瀬東町
  • 下石瀬(国道8号以南。以北は能町校区)
  • 寿町一丁目
  • 寿町二丁目
  • 新和町
  • 深沢
  • 野村新宿


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 開校は1890年4月だが、創校記念式は現在の位置に新校舎が落成した1908年7月に合わせ毎年7月上旬に行われる。

参考文献[編集]

  • 高岡市立野村小学校創校100周年記念誌「のびゆく野村」(高岡市立野村小学校創校100周年記念事業協賛会発行、高岡市立野村小学校記念誌編集委員会編、1990年)

関連項目[編集]