高岡短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高岡短期大学
高岡短期大学 (現 富山大学高岡キャンパス)
高岡短期大学
(現 富山大学高岡キャンパス)
大学設置 1986年
廃止 2010年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人富山大学高岡短期大学部
本部所在地 富山県高岡市二上町180
キャンパス 高岡(富山県高岡市)
学部 産業造形学科
産業デザイン学科
地域ビジネス学科
研究科 産業造形専攻
産業デザイン専攻
地域ビジネス専攻
テンプレートを表示

高岡短期大学(たかおかたんきだいがく、英語: Takaoka National College)は、富山県高岡市二上町180に本部を置いていた日本国立大学である。1986年に設置され、2010年に廃止された。大学の略称は高岡短大、TNC。学生募集は2005年度まで。2005年10月1日より旧富山大学富山医科薬科大学と統合し、新しい富山大学の高岡キャンパス(芸術文化学部)となった。2010年3月31日をもって正式に廃止された(地域ビジネス学科のみ)[1]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 高岡短期大学は1986年に設置された日本国立短期大学。高岡には高岡工業専門学校 (旧制)(後の富山大学工学部)があったが、富山の五福キャンパスに移転することが決まり、その代替施設が求められた。当初は「コミュニティ・カレッジ」を目指したが、米国には評価が高くないカレッジもあるため、紆余曲折の後、「短期大学」となった。はじめは、2学科7専攻からなっていたが2000年度より3学科に再編された。

教育および研究[編集]

  • 高岡短期大学に設置されていた産業造形学科には、全国の短大でも数少ない漆工芸に関する専門科目が置かれていた。この種の科目は近年の国立短大では唯一のものであった。
  • 地域ビジネス学科には中国語に関する専門科目が設置され、これは全国の国立短大では唯一の存在であった。

学風および特色[編集]

沿革[編集]

  • 1986年 高岡短期大学開学。
    • 産業工芸学科
      • 金属工芸専攻
      • 漆工芸専攻
      • 木材工芸専攻
      • 産業デザイン専攻
    • 情報産業学科
      • 経営実務専攻
      • 情報処理専攻
      • ビジネス外語専攻
  • 1988年 専攻科地域産業専攻を置く。
  • 1995年 専攻科を再編。
    • 産業造形専攻
    • 産業デザイン専攻
    • 地域ビジネス専攻
  • 2000年 学科を再編する。
    • 産業工芸学科→産業造形学科
      • 金属工芸専攻
      • 漆工芸専攻
      • 木材工芸専攻
      • 産業デザイン専攻→産業デザイン学科
    • 情報産業学科→地域ビジネス学科
      • 経営実務専攻
      • 情報処理専攻
      • ビジネス外語専攻
  • 2005年 最後の学生募集となる。同年10月 高岡短期大学、富山大学、富山医科薬科大学の再編・統合により、国立大学法人富山大学高岡短期大学部となる。
  • 2007年 本科廃止。
  • 2009年 専攻科廃止により短大が全面的に廃止となる。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 富山県高岡市二上町180

年度別学生数[編集]

  • 学生数はその該当年度の5月1日時点でのデータである。
- 産業情報学科 産業工芸学科 産業デザイン学科 出典
入学定員 125 75 (25)[2] -
総定員 250 150 (50)[3] -
1985年 - - - [4]
1986年 男44
女126
男25
女49
25[5] [6]
1987年 男30
女241
男49
女110
50[5] [7]
1988年 男30
女227
男48
女117
50[5] [8]
1989年 男29
女241
男40
女115
50[5] [9]
1990年 男23
女248
男39
女116
50[5] [10]
1991年 男19
女248
男43
女113
50[5] [11]
1992年 男15
女246
男41
女114
50[5] [12][13]
1993年 男7
女255
男42
女117
50[5] [14]
1994年 男3
女263
男36
女120
50[5] [15]
1995年 男5
女249
男30
女124
50[5] [16]
1996年 男9
女243
男29
女129
50[5] [17]
1997年 男9
女260
男30
女124
50[5] [18]
1998年 男7
女263
男23
女134
50[5] [19]
1999年 男8
女245
男24
女132
50[5] [20]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 産業造形学科
  • 産業デザイン学科
  • 地域ビジネス学科
学科の変遷[編集]
  • 産業工芸学科→産業造形学科
    • 金属工芸専攻
    • 漆工芸専攻
    • 木材工芸専攻
    • 産業デザイン専攻→産業デザイン学科
  • 情報産業学科→地域ビジネス学科
    • 経営実務専攻
    • 情報処理専攻
    • ビジネス外語専攻

専攻科[編集]

  • 産業造形専攻
  • 産業デザイン専攻
  • 地域ビジネス専攻

別科[編集]

  • なし

附属機関[編集]

  • 開放センター

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 高岡短期大学の学園祭は「創己祭」と呼ばれ例年、10月に行われていた。

スポーツ[編集]

  • 北陸地区国立大学体育大会に参加していた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 設備:富山大学に統合される前まで講義棟・管理棟、研究棟、講義演習棟、実験実習棟、エネルギー棟などの建物があった。

[編集]

  • 高岡短期大学には学生寮が設置されていなかった。そのため、アパートを利用することになっていた。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』242頁より。
  2. ^ 産業工芸学科定員75の内数
  3. ^ 産業工芸学科定員150の内数
  4. ^ 学生の受け入れはまだであるが、昭和61年度版『全国学校総覧』40頁(以下、『総覧』と略する。)に記載あり。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 産業工芸学科産業デザイン専攻の総定員。
  6. ^ 昭和62年度版『総覧』40頁
  7. ^ 昭和63年度版『総覧』41頁
  8. ^ 昭和64年度版『総覧』44頁
  9. ^ 1990年度版『総覧』45頁
  10. ^ 1991年度版『総覧』45頁
  11. ^ 1992年度版『総覧』45頁
  12. ^ 1993年度版『総覧』47頁
  13. ^ 短大蛍雪 』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)116頁には「56、360(うち1年生男27、女178)」と表記されている。
  14. ^ 1994年度版『総覧』48頁
  15. ^ 1995年度版『総覧』50頁
  16. ^ 1996年度版『総覧』52頁
  17. ^ 1997年度版『総覧』54頁
  18. ^ 1998年度版『総覧』56頁
  19. ^ 1999年度版『総覧』48-49頁
  20. ^ 2000年度版『総覧』53頁
  21. ^ 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)430ページより
  22. ^ 島根県立図書館所蔵。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]