高岩肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高岩 肇(たかいわ はじめ、1910年11月9日 - 2000年1月28日)は、日本脚本家

東京生まれ。慶應義塾大学卒。在学中から小説『季節の展望』『素質』『新三田派』を発表した。1939年の映画『若き日の感激』で脚本を担当。以後シナリオ作家として活動し、1951年から東映大映を中心に映画脚本を執筆した。

2000年1月28日、腎不全のため死去[1]

脚本[編集]

※は共同執筆

映画[編集]

  • 若き日の感激 (1939年、新興キネマ
  • 妻より何処へ行く (1940年、新興キネマ)
  • 誰か故郷を思はざる (1940年、新興キネマ)
  • 玄海灘 (1940年、新興キネマ)
  • 悲運の姉妹 (1940年、新興キネマ)
  • 旋風街 (1941年、新興キネマ)
  • 香港攻略 英国崩るゝの日 (1942年、大映
  • 夜光る顔 (1946年、大映)
  • パレットナイフの殺人 (1946年、大映)
  • 盗まれかけた音楽会 (1946年、大映)
  • 鉄拳の街 (1947年、大映)
  • 蝶々失踪事件 (1947年、大映)
  • 三面鏡の恐怖 (1948年、大映)
  • その夜の冒険 (1948年、大映)
  • 男が血を見た時 (1949年、大映)
  • 虹男 (1949年、大映)
  • まぼろし夫人 (1949年、松竹
  • 氷柱の美女 (1950年、大映)
  • 蜘蛛の街 (1950年、大映)
  • 指名犯人 (1950年、大映)
  • 絢爛たる殺人 (1951年、大映)
  • 霧の夜の恐怖 (1951年、大映)
  • わが一高時代の犯罪 (1951年、東映
  • 八ツ墓村 (1951年、東映)
  • 拳銃地獄 (1951年、東映)
  • 新選組 (1952年、東映)
  • 生き残った弁天様 (1952年、東映)
  • 暗黒街の鬼 (1952年、東映)
  • 南海の情火 ギラム (1952年、東映)
  • 喧嘩笠 (1953年、東映)
  • 暁の市街戦 (1953年、東映)
  • 憧れの星座 (1953年、東映)
  • 忠治旅日記 喧嘩大鼓 (1953年、東映)
  • 南国太平記 (1954年、東映)
  • 謎の黄金島 (1954年、東映)
  • 血ざくら判官 (1954年、東映)
  • 二挺拳銃の竜 (1954年、東映)
  • 投げ唄左門二番手柄 釣天井の佝僂男 (1954年、大映)
  • 犬神家の謎 悪魔は踊る (1954年、東映)
  • 暗黒街の脱走 (1954年、東映)
  • 火の女 (1954年、大映)
  • 新選組鬼隊長 (1954年、東映)
  • 俺の拳銃は素早い (1954年、日活
  • 青龍街の狼 (1955年、東映)
  • 東京暴力団 (1955年、大映)
  • 地獄の接吻 (1955年、日活)
  • 旗本退屈男 謎の伏魔殿 (1955年、東映)
  • 長崎の夜 (1955年、大映)
  • ふり袖小天狗 (1955年、東映)
  • 黒田騒動 (1956年、東映)
  • 大地の侍 (1956年、東映)
  • 鍔鳴浪人 (1956年、東映)
  • 神阪四郎の犯罪 (1956年、日活)
  • 快剣士笑いの面 (1956年、東映)
  • 逆襲 獄門砦 (1956年、東映)
  • 魔の花嫁衣裳 (1956年、東映)
  • 野郎ども表へ出ろ (1956年、東映)
  • 暁の逃亡 (1956年、日活)
  • 恐怖の空中殺人 (1956年、東映)
  • 駅馬車襲わる (1957年、大映)
  • 海賊奉行 (1957年、東映)
  • 雨情 (1957年、東京映画
  • 曙荘の殺人 (1957年、大映)
  • 地獄岬の復讐 (1957年、東映)
  • 反逆者 (原作とも 1957年、日活 )
  • 日清戦争風雲秘話 霧の街 (1957年、東映)
  • 透明人間と蝿男 (1957年、大映)
  • 冥土の顔役 (1957年、大映)
  • はやぶさ奉行 (1957年、東映)
  • 花吹雪 鉄火纏 (1957年、東映)
  • 月姫系図 (1958年、大映)
  • 花太郎呪文 (1958年、大映)
  • 猫は知っていた (1958年、大映)
  • 不敵なる反抗 (1958年、東映)
  • 地獄の罠 (1958年、日活)
  • 新選組 (1958年、東映)
  • 国定忠治 (1958年、東映)
  • 剣は知っていた 紅顔無双流 (1958年、東映)
  • 銀座の砂漠 (1958年、日活)
  • 赤い陣羽織 (1958年、歌舞伎座
  • 眼の壁 (1958年、松竹)
  • 共犯者 (1958年、大映)
  • 紫頭巾 (1958年、東映)
  • 密告者は誰か (1958年、東宝
  • 伝七捕物帳 女肌地獄 (1959年、松竹)
  • 右門捕物帖 片目の狼 (1959年、東映)
  • 修羅桜 (1959年、松竹)
  • 絞首台の下 (1959年、日活)
  • 暗黒の旅券 (1959年、日活)
  • 独眼竜政宗 (1959年、東映)
  • 血闘水滸伝 怒濤の対決 (1959年、東映)
  • 柳生旅日記 天地夢想剣 (1959年、松竹)
  • 飛びっちょ勘太郎 (1959年、宝塚映画
  • 大学の暴れん坊 (1959年、日活)
  • 晴れ姿勢揃い 剣侠五人男 (1959年、松竹)
  • 俺は欺されない (1960年、日活)
  • 四万人の目撃者 (1960年、松竹)
  • 御存じいれずみ判官 (1960年、東映)
  • 柳生旅日記 龍虎活殺剣 (1960年、松竹)
  • 旗本と幡随院 男の対決 (1960年、東映)
  • 大岡政談 魔像篇 (1960年、東映)
  • 江戸の朝風 (1960年、東映)
  • 第六の容疑者 (1960年、宝塚映画)
  • 鳴門秘帖 (1961年、東映)
  • 第三捜査命令 (1961年、松竹)
  • 剣豪天狗まつり (1961年、東映)
  • おてもやん (1961年、大映)
  • モーガン警部と謎の男 (1961年、東映)
  • 霧と影 (1961年、ニュー東映
  • 黄色い風土 (1961年、ニュー東映)
  • 右門捕物帖 卍蜘蛛 (1962年、東映)
  • 誘拐 (1962年、大映)
  • 二・二六事件 脱出 (1962年、東映)
  • 真昼の罠 (1962年、大映)
  • 八月十五日の動乱 (1962年、東映)
  • 忍びの者 (1962年、大映)
  • 勢揃い東海道 (1963年、東映)
  • 黒の札束 (1963年、大映)
  • 風速七十五米 (1963年、大映)
  • 続・忍びの者 (1963年、大映)
  • 雲切獄門帖 (1963年、東映)
  • 犯罪作戦No.1 (1963年、大映)
  • 新・忍びの者 (1963年、大映)
  • 夫が見た (1964年、大映)
  • 犯罪のメロディー (1964年、松竹)
  • 銃殺 (1964年、東映)
  • 忍びの者 霧隠才蔵 (1964年、大映)
  • 駿河遊侠伝 破れ太鼓 (1964年、大映)
  • 博徒ざむらい (1964年、大映)
  • 忍びの者 続・霧隠才蔵 (1964年、大映)
  • 赤い手裏剣 (1965年、大映)
  • 春婦伝 (1965年、日活)
  • 若親分 (1965年、大映)
  • にっぽん泥棒物語 (1965年、東映)
  • 主水之介三番勝負 (1965年、東映)
  • 怪談せむし男 (1965年、東映)
  • 怪談片目の狼 (1965年、東映)
  • 天保遊侠伝 代官所破り (1965年、東映)
  • 野郎に国境はない (1965年、日活)
  • 若親分喧嘩状 (1966年、大映)
  • 侠勇の花道 ドス (1966年、松竹)
  • 忍びの者 新・霧隠才蔵 (1966年、大映)
  • 座頭市の歌が聞える (1966年、大映)
  • 遊侠三代 (1966年、東映)
  • 若親分あばれ飛車 (1966年、大映)
  • 処女受胎 (1966年、大映)
  • 地獄の掟に明日はない (1966年、東映)
  • 新書・忍びの者 (1966年、大映)
  • 新書・忍びの者 (1966年、大映)
  • 兵隊やくざ 俺にまかせろ (1967年、大映)
  • にせ刑事 (1967年、大映)
  • 眠狂四郎無頼控 魔性の肌 (1967年、大映)
  • 若親分兇状旅 (1967年、大映)
  • 脱獄者 (1967年、大映)
  • やくざ坊主 (1967年、大映)
  • 眠狂四郎女地獄 (1968年、大映)
  • 陸軍諜報33 (1968年、東映)
  • 女賭博師尼寺開帳 (1968年、大映)
  • 女賭博師みだれ壺 (1968年、大映)
  • 眠狂四郎悪女狩り (1969年、大映)
  • めくらのお市物語 真っ赤な流れ鳥 (1969年、京都映画
  • 女賭博師十番勝負 (1969年、大映)
  • 刑務所破り (1969年、大映)
  • 天狗党 (1969年、大映)
  • 女賭博師壺くらべ (1970年、大映)
  • 待ち伏せ (1970年、三船プロ
  • 皆殺しのスキャット (1970年、大映)
  • 新女賭博師 壺ぐれ肌 (1971年、大映)
  • 秘録長崎おんな牢 (1971年、大映)
  • 殺人拳2 (1974年、東映)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊シナリオ 2000年4月号

参考[編集]