高島平三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高島平三郎
高島平三郎
高島平三郎

高島 平三郎(たかしま へいざぶろう、1865年11月18日慶応元年10月1日) - 1946年2月15日)は、日本教育者心理学者[1]体育学者[2]社会教育活動家で、東洋大学学長などを務めた。号は蜻州、字は士信[3]

経歴[編集]

備後福山藩士であった高島賢斎の三男として、幕末の江戸・西片町の福山藩邸に生まれた[3]1868年に福山へ移り、1872年に藩校誠之館に学び、1873年には西町上小学校に入学して、1877年に卒業した[3]

1878年広島県広島師範学校福山分校に入学し、1880年には15歳で西町上小学校教員となり、さらに1881年以降は神村小学校須江分校、松永小学校、金江町金見小学校を務め、1884年から金江小学校校長を務めた[3]1887年3月に広島県師範学校訓導・助教に転じたが、同年10月には東京高等師範学校附属小学校教授掛補助となって上京し、1888年から学習院の教員となった[3]。次いで1896年から1898年には長野県師範学校に勤めたが、その後東京に戻っていくつかの教職を経て、1901年11月に日本体育会体操学校(日本体育大学の前身)校長となり、1903年(ないし1897年[2])に日本女子大学校(日本女子大学の前身)教授となった[3]。この間に、独学で心理学児童学を学び[1]、西方町・私立女子高等学園校長、立正高等女学校(東京立正中学校・高等学校の前身)校長などを兼務し[3]、さらに日蓮宗大学(立正大学の前身)教授、東洋大学教授を兼ねた[2][3]。児童心理学にもとづいた教育を提唱して、教科書の作成などにも取り組み、体育学の構築に大きく寄与した[2]

1928年には教育功労者表彰を受け、勲五等瑞宝章を受章した[3]

1944年11月から1945年7月まで、東洋大学第13代学長を務めた[3]。同じく社会教育家として著名で、同時期に東洋大学に関係し、前後して学長を務めた高嶋米峰とは、当時からしばしば混同されることがあったが、両者の関係は良好であったという[4]

家族・親族[編集]

長男・文雄は弁護士[5]。文雄の妻は実業家近藤賢二の次女[5]。孫に弁護士の高島信之(文雄の長男)と小岩井農牧常務や博報堂取締役等を歴任した高島孝之(文雄の次男)がいる[6][7]。信之の妻は元第一生命社長・矢野一郎の次女[6][7]、孝之の妻は元三菱地所取締役・岩崎彦弥太の三女なので[6][7]、高島家は三菱財閥の創業者一族・岩崎家と姻戚関係を持つことになった。

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus『高島平三郎』 - コトバンク
  2. ^ a b c d 20世紀日本人名事典『高島平三郎』 - コトバンク
  3. ^ a b c d e f g h i j 高島平三郎 たかしま・へいざぶろう 教育者、心理学者、著述家”. 福山誠之館同窓会. 2016年5月26日閲覧。
  4. ^ 坪内祐三 「高島平三郎」『20世紀ニッポン異能・偉才100人』 朝日新聞社、1993年11月5日、192-193頁。
  5. ^ a b 『人事興信録 第14版 下』、タ109頁。
  6. ^ a b c 『閨閥』、304-305頁。
  7. ^ a b c 『門閥』、262-263頁。

参考文献[編集]