高島有終

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高島 有終(たかしま ゆうしゅう、1942年3月15日[1] - )は、日本外交官ドイツ駐箚特命全権大使などを歴任した。

経歴・人物[編集]

1964年(昭和39年)に外務省に入省する。ドイツ語研修を受ける。外務省アジア局北東アジア課長、外務大臣官房審議官、1994年(平成6年)外務省国際情報局長などを経て、国際協力事業団理事を務めたのち、2002年(平成14年)から2006年(平成18年)まで、ドイツ駐箚特命全権大使を務めた。2006年退官、みずほ銀行顧問等を務めたほか、2006年(平成18年)9月5日日本スケート連盟副会長に選出された。この人事は2006年の不正経理事件を受けたもので、スケート関係者以外からの登用は初であった。連盟会長の橋本聖子は人脈を生かし、連盟の強化に携わることを期待する旨を表明した[2]ベルリン日独センター総裁。2017年(平成29年)秋の叙勲で瑞宝重光章を受章。

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 財務省(大蔵省)幹部職員情報 高島有終
  2. ^ (日本語) 副会長に元大使の高島氏 スケート連盟初の外部登用”. 47news (2006年9月5日). 2014年4月24日閲覧。