高島正澄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
高島正澄
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正5年12月3日1578年1月10日
改名 赤松正澄→高島正澄
別名 姓:高嶋
官位 右馬助
氏族 赤松氏→高島氏
兄弟 赤松晴政赤松政元正澄、赤松政道
正友

高島 正澄(たかしま まさずみ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将播磨国高野須城主。

略歴[編集]

赤松義村の三男として誕生。

天正5年(1577年)、羽柴秀吉が播磨上月城に攻め寄せた時、甥・赤松政範に味方し、赤松家の家老として補佐した。

政範が自害した後、一族の早瀬正義らと共に殉死した。ちなみに甥・赤松正満の子も赤松正澄である。

出典[編集]