高島水際線公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横浜みなとみらい21 > 高島水際線公園
高島水際線公園
Takashima Suisaisen Park
Takashima Suisaisen Park (name plate) 1.jpg
分類 近隣公園
所在地
座標 北緯35度27分57.19秒東経139度37分48.26秒座標: 北緯35度27分57.19秒 東経139度37分48.26秒
面積 約1.3ha
開園 2011年
運営者 横浜市
事務所 環境創造局 南部公園緑地事務所 都心部公園担当
事務所所在地 横浜市中区真砂町2-22(関内中央ビル)

高島水際線公園(たかしますいさいせんこうえん)は、神奈川県横浜市西区みなとみらい六丁目にある近隣公園である。

概要[編集]

みなとみらい中央地区帷子川下流・港湾部沿岸(水際線)にあたる63街区・64街区にて、2011年5月25日に開園した。園内には親水ゾーンである「潮入の池」(通常は柵がしてあり、無断立入禁止)を設けている。潮位の変化により、池の水位も変化する。

東海道本線貨物支線である高島線が園内を跨いで走っており、分断している東西の園内を接続する「公園連絡橋」から路線を見渡すことができる。希少な臨時列車が運行される際には多くの撮影者で賑わう有名撮影地でもある。また、港湾部の水際線を挟んで対岸にはポートサイド地区を望める。

当公園の西端にある階段スロープによってみなとみらい大橋みなとみらい大通り)へ上ることができる。さらに、日産本社ビルなどがある66・67街区帷子川沿いの「水際線プロムナード」とみなとみらい大橋の下を通って接続しており、このプロムナードにより「はまみらいウォーク」及び「NISSANウォーク」へのアクセスや国道1号に抜けることも可能である[1]

園内にはトイレは設置されているが駐車場はない。現在近くに工事用車両の駐車場があるが公園利用者の駐車はできないので注意する必要がある。

モニュメント[編集]

園内には造成工事中に発見された「いかり」、「車輪」、「横浜港導水堤の袋詰めコンクリート」を使用したモニュメントが設置されている。

園内ギャラリー[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]