高島礼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たかしま れいこ
高島 礼子
生年月日 (1964-07-25) 1964年7月25日(53歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市[1][2]
身長 168 cm[3]
血液型 B型[3]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 1987年 -
配偶者 高知東生(1999 - 2016)[1]
事務所 太田プロダクション
主な作品
テレビドラマ
特命リサーチ200X
大奥 〜第一章〜
御宿かわせみ[1]
結婚できない男
熟年離婚
天地人
映画
隠し剣鬼の爪
極道の妻たち』シリーズ[1]

高島 礼子(たかしま れいこ、1964年7月25日[3] - )は、日本女優

神奈川県[3]横浜市出身[2]太田プロダクション所属。

来歴・人物[編集]

元々自動車好きで、神奈川県立野庭高等学校卒業後[4]に横浜市内の自動車関連会社で3年間OLとして働きながら[5]アマチュアレーサーとして活動し、21歳でJAFのコンペティションモータースポーツライセンス国内A級を取得[2]

レース活動費捻出のため、1987年からレースクイーンとして活動開始[1]

その後、芸能事務所に所属し、1988年とらばーゆのCMでデビュー[6]。このCMを見ていた松平健の紹介で『暴れん坊将軍III』に出演し、25歳で本格的に女優デビューを果たす[7]

恵まれたプロポーションと男勝りの気性がバブル時代にマッチし、1993年に初主演した『さまよえる脳髄』で大胆なヌードを披露[4]。幅広い役をこなし、女優として順調にステップアップ[1]。1999年からは『極道の妻たち』シリーズを岩下志麻から引き継ぎ、4代目「極妻」を務めた[8]

1999年2月7日、2年5か月の交際を経て、高知東生ハワイオアフ島の教会で挙式。

2001年、映画『長崎ぶらぶら節』で、第24回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。

2011年11月25日、同年12月1日付で所属事務所を太田プロダクションからエイベックス・マネジメントへ移籍することを発表(一部業務は太田プロと提携)[9]。2013年7月20日、エイベックス・マネジメントとの業務提携契約が終了し、再び太田プロダクション所属となる[10]

2016年8月1日、高知との離婚を発表[11]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇場アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • ミュウツー 〜覚醒への序章〜(2013年7月11日、テレビ東京) - ミュウツー 役(特別出演)[45]

ドキュメンタリー[編集]

  • 非破壊検査PRESENTS「おんな北斎 - 天才浮世絵師は二人いた!」(2010年、日本テレビ)
  • 趣味Do楽「パティシエ青木定治とつくる あこがれのパリ菓子」第5回・第6回(2013年1月7日・1月14日、NHKEテレ) - 生徒役
  • 絶対みたい“世界遺産”最強ツアー! 〜朝日のナポリ旧市街から 夕陽に輝くアルハンブラ宮殿までの絶景旅!〜(2014年3月9日、BS日テレ)
  • 悠久の京都絶景物語〜高島礼子 日本の美を歩く(2014年11月9日、BS-TBS)
  • 高島礼子・日本の古都〜その絶景に歴史あり(2015年4月8日 - 、BS-TBS) - 旅人
  • TOKYOディープ!(2015年4月- NHK BSプレミアム) - 旅人
  • 高島礼子が家宝捜索!蔵の中には何がある?(2018年4月6日 - 、BS-TBS) - 旅人[46]

CM[編集]

イベント[編集]

書籍[編集]

  • レディブティックシリーズ 高島礼子 手編みのセーター(ブティック社、1997年)※モデル
  • 撮られた暁の女 松活妄想撮影所写真集(扶桑社、2003年)※合同写真集

CD[編集]

  • なかにし礼と12人の女優たち「恋の奴隷」(2015年1月21日)[54]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.109.
  2. ^ a b c 高島礼子 (2014年11月). 女優 高島礼子|スペシャルインタビュー(3/3ページ). インタビュアー:佐藤学. B-plus.. http://www.business-plus.net/special/1412/744001.shtml 2015年4月9日閲覧。 
  3. ^ a b c d 公式プロフィール”. 太田プロダクション. 2014年5月5日閲覧。
  4. ^ a b 高島礼子 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. 2017年8月5日閲覧。
  5. ^ a b 谷内誠 (1997年3月31日). “高島礼子、陽炎3で「春満開」”. zakzak. オリジナル1997年7月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/19970714075450/http://www.zakzak.co.jp/geino/n_March97/nws684.html 2015年6月18日閲覧。 
  6. ^ a b 高島礼子 (2011年12月14日). 【高島礼子】円熟のとき…それなりの年を実感. インタビュアー:菅原岳. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20111214/peo1112140803000-n1.htm 2014年12月30日閲覧。 
  7. ^ a b 高島礼子 (2013年7月11日). 【高島礼子】ピカッと輝き続ける「成長美」“劇場版ポケモン”で声優に挑戦. インタビュアー:加藤弓子. zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/people/news/20130711/peo1307110733000-n1.htm 2014年12月30日閲覧。 
  8. ^ a b 高島礼子 (2005年3月26日). 着物は着慣れず…高島礼子ひとりごと(1). (インタビュー). zakzak.. http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_03/g2005032603.html 2018年1月25日閲覧。 
  9. ^ 高島礼子がエイベックスへ移籍”. オリコンキャリア. オリコン (2011年11月25日). 2014年5月5日閲覧。
  10. ^ “高島礼子に関しまして” (プレスリリース), 太田プロダクション, (2013年7月21日), http://www.ohtapro.co.jp/news/2733/ 2014年5月5日閲覧。 
  11. ^ “高島礼子が離婚を発表 所属事務所「今後とも温かく見守ってください」”. ORICON STYLE. (2016年8月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2076088/full/ 2016年8月1日閲覧。 
  12. ^ 『共犯』”. 火曜サスペンス劇場. 日本テレビ (2002年). 2018年3月18日閲覧。
  13. ^ “高島礼子が16歳少女を演じた”. nikkansports.com. (2003年7月24日). オリジナル2003年12月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20031207033831/http:/www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-030724-0020.html 2017年4月29日閲覧。 
  14. ^ 高島礼子が夫・高知東生とドラマで共演”. ORICON STYLE (2006年8月1日). 2015年4月9日閲覧。
  15. ^ 高島礼子が熱血刑事役でシリーズ化を熱望”. ORICON STYLE (2007年7月11日). 2015年4月9日閲覧。
  16. ^ “船越英一郎 :高島礼子と夫婦役でSPドラマ「卒業ホームラン」に出演”. MANTANWEB. (2011年2月19日). http://mantan-web.jp/2011/02/19/20110218dog00m200032000c.html 2014年5月6日閲覧。 
  17. ^ 高島礼子、初の海外ドラマで文化の違いを体感「人生観変わった」”. ORICON STYLE (2011年10月25日). 2014年7月20日閲覧。
  18. ^ 【正月ドラマ】渡瀬恒彦「おみやさん」、2時間新春SPで新相棒(高島礼子)と歴代相棒が鉢合わせ!”. navicon (2014年1月3日). 2014年5月6日閲覧。
  19. ^ 高島礼子、ドラマで元歌手の母親役、美声を披露”. ORICON STYLE (2014年3月15日). 2014年5月6日閲覧。
  20. ^ 5月19日(月)よる9時放送決定!! 月曜ゴールデン特別企画 心に響くサスペンス『隣の女』 石井ふく子プロデューサーが手がける初の2時間サスペンス!! 主演の一路真輝と高島礼子が会見でみどころを語る”. TBSホット情報 (2014年4月10日). 2014年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月25日閲覧。
  21. ^ 「最初は違和感が(笑)」高島礼子が石垣佑磨との“年の差カップル”に戸惑い”. webザテレビジョン (2014年6月16日). 2016年8月25日閲覧。
  22. ^ 水谷豊主演人気シリーズ「居酒屋もへじ」第4弾。役柄への思いとは?”. インターネットTVガイド (2015年5月13日). 2016年8月25日閲覧。
  23. ^ 『エンジェル・ハート』冴子役・高島礼子、『極妻』健在 本気の演技に視聴者釘づけ”. T-SITE NEWS. T-MEDIA HOLDINGS (2015年11月20日). 2016年3月24日閲覧。
  24. ^ 高島礼子、宮崎美子、高畑淳子の“熟女トリオ”が井戸端会議で事件を解決”. インターネットTVガイド (2015年12月11日). 2016年3月24日閲覧。
  25. ^ “高島礼子・宮崎美子・高畑淳子、熟女トリオが事件を解決 連ドラ化”. ORICON STYLE. (2016年6月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2072935/full/ 2016年6月7日閲覧。 
  26. ^ 高島礼子が夏樹静子の名作サスペンスで主演。山口紗弥加らが共演”. インターネットTVガイド (2016年2月18日). 2018年3月18日閲覧。
  27. ^ “高島礼子:綾瀬はるか主演ドラマで衝撃の呪術師姿に 特殊メーク「5時間かかる」”. MANTANWEB. (2016年2月24日). http://mantan-web.jp/2016/02/24/20160224dog00m200016000c.html 2016年3月24日閲覧。 
  28. ^ 高島礼子 (2017年12月14日). 高島礼子演じるドケチ主婦が電卓片手に事件を解決!?高島さん、日曜ワイドの新ミステリー「電卓刑事」ってどんな刑事ですか?. (インタビュー). インターネットTVガイド.. http://www.tvguide.or.jp/cyokusoubin/20171214/02_cyokusoubin.html 2017年12月17日閲覧。 
  29. ^ 恵俊彰、高島礼子と19年ぶり共演『はぐれ署長の殺人急行』第3弾決定”. テレビドガッチ (2017年12月25日). 2018年1月25日閲覧。
  30. ^ 高島礼子・中村梅雀ら、『警視庁・捜査一課長』初回にゲスト出演”. マイナビニュース. マイナビ (2018年4月12日). 2018年4月13日閲覧。
  31. ^ “高島VSとよた 「極妻」女の戦い”. スポーツ報知. (2001年2月17日). オリジナル2001年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011206041001/http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20010217_60.htm 2015年6月18日閲覧。 
  32. ^ “高島礼子、胸元の開いたセクシーブラウスで舞台あいさつ”. SANSPO.COM. (2002年2月17日). オリジナル2003年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031210164201/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200202/g_top2002021703.html 2015年6月18日閲覧。 
  33. ^ “パトレイバー:第5章予告映像で真野がゴルゴに 高島礼子も登場”. MANTANWEB. (2014年8月29日). http://mantan-web.jp/2014/08/29/20140829dog00m200010000c.html 2014年12月30日閲覧。 
  34. ^ “高島礼子:パトレイバー初日に興奮 「4Kテレビ買った」”. MANTANWEB. (2015年5月1日). http://mantan-web.jp/2015/05/01/20150501dog00m200016000c.html 2015年6月18日閲覧。 
  35. ^ 高島礼子、役設定が実は“男”だった 『極妻』以来の極道映画に挑戦”. ORICON STYLE (2015年6月15日). 2015年6月18日閲覧。
  36. ^ 織田裕二4年ぶりに銀幕復帰!「ボクの妻と結婚してください。」に主演”. 映画.com ニュース (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  37. ^ 小林稔侍が76歳にして映画初主演「星めぐりの町」公開、壇蜜や高島礼子も出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年10月11日). 2018年3月18日閲覧。
  38. ^ “篠原涼子、佐藤浩市、阿部寛らが吉永小百合のもとに結集!「北の桜守」に豪華キャスト”. 映画.com. (2017年3月22日). http://eiga.com/news/20170322/3/ 2017年3月22日閲覧。 
  39. ^ “高島礼子、女性納棺師役「もっと知られていい」 「おみおくり」披露試写”. スポーツ報知. (2018年2月8日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180208-OHT1T50171.html 2018年2月9日閲覧。 
  40. ^ “高島礼子、5月に初舞台 演出は岸谷五朗と寺脇康文”. SANSPO.COM. (2002年2月18日). オリジナル2003年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031207235556/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200202/g_top2002021807.html 2015年6月18日閲覧。 
  41. ^ 高島礼子 (2014年11月). 女優 高島礼子|スペシャルインタビュー(1/3ページ). インタビュアー:佐藤学. B-plus.. http://www.business-plus.net/special/1412/743801.shtml 2015年4月9日閲覧。 
  42. ^ “高島礼子 父の介護は夫・高知東生さんと「二人三脚です」”. Sponichi Annex. (2016年3月23日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/23/kiji/K20160323012266640.html 2016年3月24日閲覧。 
  43. ^ 高島礼子「明治座舞台「御宿かわせみ」満を持して挑む、この役――庄司るい役・高島礼子」、『オール讀物』2016年5月号、文藝春秋2016年5月11日閲覧。
  44. ^ 高島礼子、熊谷真実、藤田朋子が三姉妹役に「おんなの家」7回目の舞台化”. ステージナタリー. ナターシャ (2017年9月4日). 2017年12月17日閲覧。
  45. ^ 新作アニメ『ミュウツー〜覚醒への序章〜』が放送決定! 映画より早く覚醒した姿のミュウツーを見られる!!”. 電撃オンライン. 2013年6月15日閲覧。
  46. ^ “高島礼子が家宝捜索 BS-TBSで4月から新番組”. nikkansports.com. (2018年3月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803050000543.html 2018年3月18日閲覧。 
  47. ^ “高島礼子「ありがとう。いい薬です」”. nikkansports.com. (2010年11月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20101129-707887.html 2015年4月9日閲覧。 
  48. ^ “ウォーキングシューズのイメージキャラクターに女優の高島 礼子さんを起用いたします” (プレスリリース), ヨネックス, (2015年3月19日), http://www.yonex.co.jp/walk/news/2015/03/1503191100.html 2017年8月5日閲覧。 
  49. ^ ミス日本「海の日」杉浦琴乃が新境地 先輩・高島礼子とCM共演”. スポニチアネックス (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  50. ^ “高島礼子のオリジナルかばん披露”. nikkansports.com. (2003年11月25日). オリジナル2003年12月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20031209134859/http:/www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-031125-0016.html 2017年4月29日閲覧。 
  51. ^ 高島礼子さん消防署長に…全国火災予防運動”. 日テレNEWS24 (2015年11月9日). 2017年4月29日閲覧。
  52. ^ “女優 高島礼子さんをゲストに「母の日参りハートフルタイム」を開催しました。” (プレスリリース), 日本香堂, (2016年4月12日), http://www.nipponkodo.co.jp/company/topnews/yyyymmdd.php?new_id=330 2017年4月29日閲覧。 
  53. ^ “高島礼子バウンド始球式「届かなかったから50点」”. nikkansports.com. (2017年5月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1826805.html 2017年8月5日閲覧。 
  54. ^ なかにし礼と12人の女優たちによるALで、黒柳徹子、高島礼子、常盤貴子初REC”. BARKS (2015年1月13日). 2015年4月9日閲覧。