高崎ターミナルビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高崎ターミナルビル 株式会社
Takasaki Terminal Building co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
370-0849
群馬県高崎市八島町222
業種 サービス業
法人番号 5070001007487
事業内容 駅ビル業
料理飲食店業
新幹線高架下の管理業務など
代表者 代表取締役社長 阿部純
資本金 7億8000万円
従業員数 100名(2006年7月現在)
決算期 3月末
主要株主 アトレ (100%)
JR東日本グループ)
外部リンク http://www.takasakitb.com/
特記事項:2009年11月1日、会社分割でホテル事業を日本ホテルに分割
テンプレートを表示

高崎ターミナルビル株式会社(たかさきターミナルビル)は、群馬県高崎市に本社を置く、東日本旅客鉄道(JR東日本)グループ、株式会社アトレの完全子会社(JR東日本連結子会社)。

概要[編集]

JR東日本高崎支社管内において、駅ビルの運営を中心に展開している[1]

2009年10月31日までは、JR東日本ホテルズのうち、高崎支社管内にある「ホテルメトロポリタン高崎」「ファミリーオ新治」の経営も行っていたが、2009年11月1日付で会社分割(吸収分割)を行い、日本ホテル株式会社に移管[2]した。

2015年4月1日より、JR東日本の直系からグループの株式会社アトレの子会社に異動すると共に、運営店舗に関する資産等を同社に譲渡した[3]

アトレに経営移管して、運営のみ行っている各駅構内商業施設における2016年度の売上高合計は、16,189百万円となっている[4]

運営している施設[編集]

開業させた企業の違いから、3ブランド存在している。近年は、イーサイトブランドでの展開が中心となっている。 アトレの子会社となると同時に資産を譲渡したため、これら店舗は2015年4月1日以降、アトレが所有・経営し、同社から当社へ管理運営を委託しているという運営形態に転換となっている。

  • 高崎モントレー(Montres) - 高崎駅ビル(西口側)
    高崎ターミナルビルは元々ここの開業・運営の為に設立された企業である。
  • アズ熊谷(AZ) - 熊谷駅ビル。熊谷駅構内(改札外)に4ヶ所分散している。
    旧熊谷ステーション開発(吸収合併)によって開業した。
    埼玉県内のイーサイト及び熊谷周辺の新幹線高架下管理についてもアズの管理部門にて行っており、実質、支社的な役割を兼ねている。「高崎ターミナルビル(株)熊谷店」と表記される場合がある。
    • アズ熊谷 本館(北口(正面口)側)
    • アズ セカンド(市営駐輪場入口側)
    • アズ ロード(自由通路側)
    • アズ イースト(東口(ティアラ口)側)
  • イーサイト(E’site) - 駅構内(改札外)に設置されている商業施設。以下4店舗所在
    JR東日本グループの中では親会社のアトレが運営するアトレヴィに近い形態であるが、籠原に関しては駅ビルである。旧ジェイアール高崎商事(吸収分割によって事業継承)によって開業した(上尾・籠原は高崎ターミナルビルとして新設)。
    • イーサイト高崎 - 高崎駅構内・東口[5]
    • イーサイト前橋 - 前橋駅構内
    • イーサイト上尾 - 上尾駅構内[6]
    • イーサイト籠原 - 籠原駅ビル(北口側)。2011年3月20日開業[7]

沿革[編集]

  • 1982年4月14日 - 上越新幹線開業に合わせ、高崎駅の駅ビル「高崎モントレー」が開業
    • モントレー内に「高崎ターミナルホテル」を同時開業(高崎ターミナルホテル株式会社)
  • 1987年4月24日 - 熊谷駅の駅ビル「アズ」が開業(熊谷ステーション開発株式会社)
  • 1996年4月1日 - 「高崎ターミナルホテル株式会社」を吸収合併、同時にホテル名を「ホテルメトロポリタン高崎」に変更 
  • 1996年10月1日 - 「アズセカンド」開業(熊谷ステーション開発株式会社)
  • 1997年8月7日 - 「アズロード」開業(熊谷ステーション開発株式会社)
  • 2004年11月20日 - 「アズイースト」開業(熊谷ステーション開発株式会社)
  • 2005年4月1日 - 「熊谷ステーション開発株式会社」を吸収合併
  • 2006年3月15日 - 「イーサイト高崎」開業(ジェイアール高崎商事株式会社)
  • 2007年12月25日 - 「イーサイト前橋」開業(ジェイアール高崎商事株式会社)
  • 2009年4月1日 - 「ジェイアール高崎商事株式会社」の再編に伴い、「ファミリーオ新治」・「イーサイト(高崎・前橋)」の移管を受ける
    • 「高崎ターミナルビル商事株式会社」を吸収合併
  • 2009年11月1日 - 「ホテルメトロポリタン高崎」「ファミリーオ新治」を日本ホテル株式会社へ会社分割(吸収分割)で移管[8]
  • 2010年3月14日 - 「イーサイト上尾」開業
  • 2010年12月12日 - 「イーサイト高崎」東口新駅舎内へ拡張開業
  • 2011年3月20日 - 「イーサイト籠原」開業
  • 2015年4月1日 - JR東日本直系から、アトレの子会社に異動、SC関連の資産を同社に譲渡し、SC事業については運営だけを行う企業となる。
  • 2016年10月25日 - 「高崎モントレー」に『JRE POINT』を導入(デザインは背景白。モントレーのロゴに加え、ぐんまちゃんのイラスト付き)。
  • 2017年
    • 9月1日 - 「イーサイト高崎」に『JRE POINT』を導入[9](カードはモントレー版と共通)。
    • 10月4日 - 「アズ熊谷」・「イーサイト上尾」・「イーサイト籠原」に『JRE POINT』を導入[9](デザインは背景青。アズとイーサイトのロゴ併記)[10][11]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、宮原駅北本駅の小規模駅ビルはジェイアール東日本都市開発による運営。
  2. ^ 運営は2009年8月4日に設立された、日本ホテル子会社の株式会社ホテルメトロポリタン高崎に運営委託
  3. ^ [1]
  4. ^ 株式会社アトレ 企業情報 売上高
  5. ^ 交通新聞2010年11月12日号より
  6. ^ 駅パラ イーサイト上尾の連絡先が「アズ熊谷営業部」となっていること及びJR東日本の会社要覧2010 グループ会社一覧 (PDF) の高崎ターミナルビルの紹介文より
  7. ^ JR東日本高崎支社 | 高崎支社からのお知らせ「【プレス発表】2011年3月20日(日)籠原駅北口に「E’site籠原」が誕生します」(2010年2月21日)
  8. ^ 高崎ターミナルビル株式会社の再編について (PDF) JR東日本プレスリリース・2009年9月17日
  9. ^ a b ~夏のバーゲンはJRE POINTでさらにおトクに~ダブルキャンペーンで最大2,500ポイントをプレゼント!(東日本旅客鉄道株式会社、2017年6月28日、同日閲覧)の4ページ目の「5 JRE POINTの利用箇所拡大について」に記述。
  10. ^ 【JREポイントサービス開始のお知らせ】 || ニュース・イベント || アズ熊谷
  11. ^ ポイントの貯まる場所(JRE POINT/JR東日本)

関連項目[編集]