高崎三重郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

高崎 三重郎(たかさき さんじゅうろう、1877年(明治10年)9月4日[1] - 1958年昭和33年)11月11日[2])は、明治時代後期から昭和時代の政治家実業家貴族院多額納税者議員

経歴[編集]

茨城県行方郡、のちの麻生町(現行方市)出身[1][3]。高崎新蔵の長男として生まれ、1894年(明治27年)7月に祖父三郎右衛門の後を受け家督を相続する[1]。農業を営む[3]

麻生町会議員、行方郡会議員、同郡教育会副会長、麻生町労務委員[4]、茨城県農工銀行[注 1]監査役[1]、佐原興業銀行[注 2]取締役を歴任した[3]

1911年(明治44年)9月には茨城県多額納税者として貴族院議員に互選され、1918年(大正7年)9月まで務めた[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ みずほ銀行の前身行のひとつ。
  2. ^ 千葉銀行の前身行のひとつ。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 人事興信所 1915, た91頁.
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』207頁。
  3. ^ a b c 人事興信所 1928, タ100頁.
  4. ^ a b 衆議院、参議院 1960, 200頁.

参考文献[編集]