高崎安中拡幅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般国道
国道18号標識
高崎安中拡幅
国道18号バイパス
路線延長 約 6.0 km
開通年 1995年 -
起点 群馬県高崎市上豊岡町
終点 群馬県安中市安中4丁目
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

高崎安中拡幅(たかさきあんなかかくふく)は、群馬県高崎市から安中市へ至る全長約6.0kmに渡って整備が進められている国道18号の道路改良事業である。

事業名としては「高崎安中拡幅事業」であるが、全長の半分以上にあたる約3.2km区間でバイパスを整備するもので、生粋の現道拡幅事業としては残りの約2.8km区間に過ぎない[1]

ごくまれに「高崎安中バイパス」と案内されることがある[2]

概要[編集]

道路諸元[編集]

  • 起点 : 群馬県高崎市上豊岡町(上豊岡町交差点)
  • 終点 : 群馬県安中市安中4丁目(城下交差点)
  • 延長 : L=6.0km
  • 規格 : 第3種第1級
  • 標準道路幅員 : W=25.0m
  • 車線数 : 4車線(一部暫定2車線
  • 車線幅員 : W=3.5m
  • 設計速度 : V=80km/h

概説[編集]

事業は現道拡幅部2区間とバイパス新設部1区間の計3区間に分類され、上豊岡町交差点から板鼻下町交差点までのL=2.2km区間が東側の現道拡幅部、続く板鼻下町交差点から下野尻交差点までのL=3.2km区間がバイパス新設部、下野尻交差点から終点である城下交差点までのL=0.6km区間が西側の現道拡幅部とされている[1]1983年度に事業化されて翌84年度に都市計画を決定[1]1985年度より用地取得に着手して1989年度には工事が開始された[1]

最初の供用区間として東側現道拡幅部のうち起点寄りのL=2.0km区間が1995年6月22日に4車線に拡幅され、1997年12月15日に東側拡幅部の残りL=0.2km区間の4車線拡幅とバイパス部全線L=3.2kmの暫定2車線開通が実現した[3]。 以降はバイパス部の拡幅事業を中心に進められ、JR信越本線と交差・並行する板鼻下町交差点から安中駅手前までのL=2.4km区間が2006年6月16日と同年9月28日に相次いで4車線化。その後は公共事業費の削減など紆余曲折もあったが、安中駅前を含む下野尻交差点までのバイパス部L=0.8kmが2016年3月23日に4車線となり[4]、これをもって東側現道拡幅部およびバイパス新設部合わせてL=5.4kmが4車線で供用された。

今後は残る終点側の西側現道拡幅部L=0.6kmに着手する事となり、国土交通省2014年に公表した事業評価資料によれば同区間の用地取得を2018年度まで、土工および舗装工事を2021年度までと見込んでいる[1]

通過市町村[編集]

交差する道路[編集]

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
交差する道路 交差する場所 高崎から
(km)
国道18号豊岡バイパス
県道26号高崎安中渋川線
環状線
- 高崎市 上豊岡町
県道141号群馬八幡停車場藤塚線 少林山入口
県道26号高崎安中渋川線 - 安中市 板鼻下町
県道10号前橋安中富岡線 岩井
県道171号吉井安中線 県道217号松井田中宿線 安中駅入口 11.0
- 県道125号一本木平小井戸安中線 下野尻 11.6
県道211号安中榛名湖線 城下 12.3
国道18号安中バイパス小諸松井田方面

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]