高崎翔太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たかさき しょうた
高崎 翔太
生年月日 (1988-09-21) 1988年9月21日(30歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画、舞台、ドラマ、CM
活動期間 2008年 -
主な作品
舞台
ミュージカル・テニスの王子様
映画
富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター

高崎 翔太(たかさき しょうた、1988年9月21日 - )は、新潟県出身の俳優である。株式会社Toki Entertainmentに所属。愛称、翔太。

来歴[編集]

2008年、『ミュージカル・テニスの王子様』の菊丸英二役でデビュー[1][2]。 2010年6月、急病により出演予定舞台を降板した[3]。同年9月21日、公式ファンクラブ「Show Travel」を発足する。 2011年Toki Entertainmentへ移籍。2018年、映画『青春ディスカバリーフィルム -どこだって青春編-』の「ポケットの中のビスケット」で自身初の脚本を担当[4]

人物[編集]

  • 身長170cm。スリーサイズはC84・W71・H88。靴のサイズ24.5 cm。
  • 3人姉弟の末っ子で長男。
  • 父は幼い頃に他界している。
  • 愛犬は「らてぃ」(トイプードルポメラニアンのミックス)と「ロワ」(ティーカップ・プードル)。
  • 漫画好きで、自身のブログにもフィギュアのコレクションやジャンプショップで買い物をしたことなどが話題に出る。高校時代からの夢である「自分の家をマンガ喫茶みたいにする」べく、日々本を収集している[5]。近年は小説の読書量も多い[6][7]
  • 自他ともに認める短足であり、舞台などの衣装合わせではよく「腰パンしないで」と言われる[8]
  • 好きな食べ物はウィンナー。

出演[編集]

※太文字は主演

映画[編集]

  • ローカルボーイズ!(2010年、グランドラインプロジェクト) - 大神三蔵 役
  • ピンクの仕事(2011年) - 健太 役
  • ゲキアツ〜真夏のエチュード〜(2011年) - 松井道博 役
  • タクミくんシリーズ あの、晴れた青空(2011年、ビデオプランニング) - 蓑厳玲二 役
  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ 寒冷前線コンダクター(2012年、ビデオプランニング) - 守村悠季
  • LOVEToRAIN -ラヴトレイン-(2012年2月、cine-colorista) - 弦太 役
  • 骨まで愛して(2012年5月、グランドラインプロジェクト)
  • クロイオンナ(2012年11月、ムービープラネット) - 大嶋洋祐 役
  • 幕末奇譚SHINSEN5〜剣豪降臨〜 (2013年2月、ビデオプランニング) - 吉田稔麿 役
  • 夜明け前 朝焼け中(2013年11月、FAITHentertainment) - 末次圭吾 役
  • なんでも埋葬屋望月(2015年2月、青春ディスカバリーフィルム) - 大久保俊 役
  • BAR神風〜誤魔化しドライブ〜(2015年4月、FAITHentertainment・サモワール) - 谷川元樹 役
  • すんドめ(2015年) - 相羽英男 役
  • すんドめ2(2015年) - 相羽英男 役
  • 一瞬と永遠(2015年11月) - 佐々木隆弘 役
  • U-31[9] (2016年5月、トキエンタテインメント)- 瀧川 役
  • 思い出カプセル(2016年8月、青春ディスカバリーフィルム) - 山田こうたろう 役
  • アタシラ。(2017年3月) - 柴崎憲司 役
  • サムライせんせい(2017年11月) - 土佐先輩 役
  • トリノコシティ[10][11](2017年12月23日 - 2018年1月5日) - 近藤充 役
  • がむしゃらソールド・アウト(2018年3月、青春ディスカバリーフィルム) - 夏目 役
  • ポケットの中のビスケット[12](2018年3月、青春ディスカバリーフィルム)脚本
  • 一人の息子[13][14][15](2018年7月) - 阿部 役
  • レンタルファミリア(2018年7月) - 高木雄生
  • BLOOD-CLUB DOLLS[16](2018年10月13日) - 紅斑 役
  • ノーマーク爆牌党(2018年10月27日) - 当大介 役
  • 恋するアンチヒーロー THE MOVIE(2019年公開予定) - 真中進
  • みとりし(2019年公開予定) - 早川奏太 役

舞台[編集]

Web[編集]

  • CM 日本工学院専門学校(2008年・2009年)
  • キラキラRADIO+(2009年5月 - 9月、MMVネルケ) - レギュラーパーソナリティ
  • 生男(仮)(2010年7月30日ほか、ニコニコ生放送
  • 携帯「ビジュアルボーイ」(2010年9月 - 2013年2月、ジグノシステムジャパン)
  • ありコンKIN #12,14(2012年1月19日, 2012年2月2日、ナマコマ
  • 現実拡張スマホ仮面(2013年3月29日、時空動画・ニコニコ動画) - 404 役
  • 『愛車探偵は、貴方のココロにガソリンを注ぐ!』 第4話・第5話(2014年11月12日・12月22日、YouTube) - 細野 役
  • 鈴木家のヒミツ~アイドルママ、ワザあり~(2017年12月14日 - 、BS-TBS) - 鈴木重治 役
  • WEBラジオ アプリ『マンガPark』高崎翔太のもしもシリーズ(2018年5月)
  • アサヒ緑健青汁』(2018年 - 7月、ユーチューバーササヤマの”青汁チャレンジ” YouTube) - 阿部 役
  • CM 三菱電機 三菱冷蔵庫 「仮面レイトー瞬」 第2弾 - 鮮度怪人シナビラセル 役(2018年9月)

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • 荒牧くんと高崎くん〜瀬戸内海一周、ドライブふたり旅〜(2018年5月13日・2018年6月10日、TBSチャンネル2)[26]
  • 高崎翔太 独占密着!〜凱旋トークショー&故郷・新潟をめぐる〜(仮)(2018年11月23日、TBSチャンネル2)[27]

CM[編集]

ゲーム[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

  • 高崎翔太1st写真集『雨ニモマケズ風ニモマケズ』(2018年4月21日、ワニブックス

DVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第13回 高崎翔太~今のところ何も楽しくないです!!~”. 2.5次元男子放送部 番組の放送後記ブログ. 2017年7月8日閲覧。
  2. ^ Room4: 高崎翔太 インタビュー1/3 【僕らの休憩室】”. #タウンワークマガジン (2017年9月6日). 2017年9月8日閲覧。
  3. ^ 舞台「美しいこと」降板のお知らせ 高崎翔太ブログ 2010.06.11
    舞台「青面獣楊志」降板のお知らせ 高崎翔太ブログ 2010.06.11
    退院しました! 高崎翔太ブログ 2010.06.28
  4. ^ 高崎翔太、植田圭輔、玉城裕規ら出演「青春ディスカバリーフィルム」第3弾公開”. ステージナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年3月16日). 2018年4月25日閲覧。
  5. ^ 休日!: 高崎翔太ブログ 2010年2月16日
  6. ^ 2017年12月17日 本人Twitterより
  7. ^ 高崎翔太×橋本祥平 週刊女性対談「翔太くんは読書量がすごく多いから、台本を理解するのも早いです」
  8. ^ 生男ch 0925 公開放送〜いかがお過ごしですか?〜
  9. ^ [1] (2016年5月22日東京 / 6月4日大阪 完成披露上映イベント、2016年夏 劇場公開)
  10. ^ 40mP「トリノコシティ」が実写映画化
  11. ^ 「トリノコシティ」公開に山崎丹奈が涙、玉城裕規の発言に高崎翔太「心が汚い!」
  12. ^ 植田圭輔・丸山敦史・寺山武志出演&高崎翔太初脚本の短編映画「ポケットの中のビスケット」が初お披露目!
  13. ^ 馬場良馬と玉城裕規がダブル主演務める人間ドラマ製作決定
  14. ^ 馬場良馬×玉城裕規「2人の受取人」新キャストに根本正勝、高崎翔太、関口アナムら
  15. ^ 馬場良馬×玉城裕規「一人の息子」新場面カット12枚公開、主題歌はReN
  16. ^ ”実写映画「BLOOD」新作の公開決定、奥秀太郎「俳優の生き生きした姿届けたい」”
  17. ^ 『おやすみジャック・ザ・リッパー』舞台化!第1弾キャストに高崎翔太、井深克彦、伊藤マサミが決定”. エンタステージ (2016年1月12日). 2016年1月20日閲覧。
  18. ^ シリーズ第3弾となる『あんステ』最新作『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~の公演詳細が決定!”. アニメイトタイムズ. 2017年6月5日閲覧。
  19. ^ 「あんステ」新作タイトル&キャスト決定!深海奏汰役に堀海登”. ステージナタリー (2017年11月1日). 2017年11月22日閲覧。
  20. ^ 少年社中「アマテラス」追加キャストに中村優一、高崎翔太、橋本祥平ら
  21. ^ 「アマテラス」毛利亘宏らコメント「これこそが少年社中がやるべき作品」
  22. ^ 毛利亘宏が率いる「少年社中」劇団員フル出演の本公演に、高崎翔太が「ガッツリ悪役で」3度目の参加!
  23. ^ 9th letter 公演概要”. 私の頭の中の消しゴム. 2017年6月5日閲覧。
  24. ^ 新潟公演詳細”. 命のバトン. 2019年1月7日閲覧。
  25. ^ 玉城裕規主演、2018年1月放送のTVドラマ『號哭のカタストロフ』キービジュアルが解禁
  26. ^ [2]
  27. ^ [3]