高師宣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
高師宣
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄8年5月19日1565年6月17日
官位 伊予守
幕府 室町幕府
主君 足利将軍家
氏族 高氏
父母 養父:高師繁
テンプレートを表示

高師宣(こう の もろのぶ、生年不詳 - 永禄8年5月19日1565年6月17日))は、戦国時代武将。本姓は高階氏足利将軍家の家臣で奉公衆を務めた。官位は伊予守。男性

略歴[編集]

高師秀の子孫にあたる。叔父である高師繁の養子となる(実父の名は不明)。『永禄六年諸役人附』には、「御小袖御番衆」の一人として「高伊予守師宣」の名が見られる[1]

永禄8年(1565年)5月19日、永禄の変で三好勢の攻撃を受けて戦死した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大武鑑 巻之一 - 『大武鑑』所収『永禄六年諸役人附』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ 足利季世記 - 『足利季世記』

参考文献[編集]

  • 亀田俊和高師直 室町新秩序の創造者』吉川弘文館、2015年8月1日、228頁。ISBN 978-4-642-05806-3。