高木久雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高木 久雄(たかぎ ひさお、1924年10月14日 - 2014年8月31日[1])は、ドイツ文学者、京都大学名誉教授、京都外国語大学元学長。近代ドイツ文学専攻。

来歴[編集]

長野県岡谷市生まれ。長野県立諏訪中学校(現・長野県諏訪清陵高等学校)、第一高等学校を経て、1951年、京都大学文学部卒、西京大学助教授、京都大学教養部助教授、1971年、教授、1988年定年退官、名誉教授、京都外国語大学教授、1992年から1998年まで同大学及び短期大学学長、2000年に定年退職、名誉教授。

2014年8月31日、肺炎により京都市内の病院で死去。

著書[編集]

  • ドイツ文学散策 ゲーテ『親和力』論、カフカ論、その他 ナカニシヤ出版 2001.11
  • 随想集 ナカニシヤ出版 2005.2

共著[編集]

  • ドイツ文法13課 基礎、そして仕上げに向かって 芦津丈夫共著 新訂版 朝日出版社 1984.4
  • 新速修ドイツ語読本 内藤道雄共著 郁文堂 1997.3

翻訳[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 高木久雄さん死去 雅楽の継承に尽力 著名人の葬儀 2014年9月1日閲覧