高木由一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高木 由一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県愛甲郡愛川町
生年月日 (1949-03-13) 1949年3月13日(69歳)
身長
体重
178 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 右翼手
プロ入り 1971年 ドラフト外
初出場 1972年9月2日
最終出場 1987年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 横浜大洋ホエールズ
    横浜ベイスターズ(1988 - 2009)
  • 天津ライオンズ (2010)
  • 横浜ベイスターズ
    横浜DeNAベイスターズ(2011 - 2013)

高木 由一(たかぎ よしかず、1949年3月13日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手外野手)、監督、野球指導者。

1976年までは登録名を高木 好一1982年までは高木 嘉一としていた(読みはいずれも同じ)。現役時代の愛称は沖山光利がつけた[1]とっつぁん[2]。プロ野球界では珍しい地方公務員出身である。

経歴[編集]

入学した麻布獣医学園渕野辺高には当初野球部がなく、2年時に高木が校内で参加者を募り野球部を創設したが、部員は10人ほどしか集まらず監督もいないチームであった[2][1]

相模原市役所では硬式野球部に所属し、3年目の1970年に投手兼外野手として出場した第20回日本産業対抗野球大会の官業公社部門で優勝して本選出場を果たし、対丸善石油戦でバックスクリーンに本塁打を放つも試合には敗れた[1]

1971年11月に、野球部の後輩とともに冷やかしで参加した川崎球場での入団テストで偶然調子が良く[2]合格してしまい、1か月悩んだ後に断りの電話を入れるも、入団テストを見ていた青田昇ヘッドコーチから「この打撃力で市役所勤めはもったいない」と改めて高木に呼びかけがあった[1]。最終的には父親の「せっかく戦争のない世の中になったんだ、人生、いくらでも取り返しがつく、やり直しができるのが若い奴の特権だ。行きたいんなら行って来い、プロ野球へ」という言葉で入団を決意し[1]1971年ドラフト外大洋ホエールズに入団[2]

現役時代は中距離打者として活躍。当初は代打での起用が多かった。監督の別当薫は高木にリストの使い方を指導、その途端打撃が上向き、一軍昇格へのきっかけとなり、別当の多くを語らずとも的確なワンポイントアドバイスを送る指導は「型にははめず、選手の才能を生かす」という、高木の現在の指導法にも息づいているという[3]1973年のオフに戦力外になりかかったが、当時在籍していたクリート・ボイヤーが球団に掛け合い、残留する事になる[4]。また、ボイヤーは高木に眼をかけ、退団時に自らの背番号を譲った。

1977年、外野手のレギュラーだった江尻亮が頭部に死球を受け戦線離脱したのを機にレギュラーを奪うと、以降はチームの中核となり、松原誠放出後は4番打者として活躍。現役晩年は代打の切り札としての起用が多かった。1987年、現役引退。

1988年 - 2009年まで大洋・横浜を通じて22年間コーチを歴任。1996年オフにつなぐ野球を提言し、1998年の横浜の優勝時には、「マシンガン打線の生みの親」と称された[2]。入団から38年間一度も球団や現場から離れることなく在籍し、コーチを歴任した。

一軍打撃コーチ時代、1997年 - 1998年は鈴木尚典1999年ロバート・ローズ2000年金城龍彦と4年連続で球団から首位打者を輩出した。

2009年は二軍の湘南シーレックスチーフ兼打撃コーチを務めていたが、一軍監督の大矢明彦が5月18日限りで休養となり、シーレックス監督の田代富雄が一軍監督代行に昇格したことに伴い、シーレックス監督代行に就任しシーズン終了後まで務めた。

2010年からは球団フロントに異動し、ベイスターズに所属しながら友好球団である中国野球リーグ天津ライオンズ監督(総教練)として派遣され、1年間指揮を執った。2011年は8年ぶりに横浜の一軍打撃コーチを務め、2012年は二軍打撃コーチ、2013年からは二軍チーフ打撃コーチを務めている。 2013年10月1日付けで中根仁とともにコーチ契約を結ばないことが通達された[5]

退団後、JR東日本硬式野球部で臨時打撃コーチを務めている。

2015年には、母校である麻布大附高の野球部での数回にわたる指導を行った。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 大洋 7 13 13 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .077 .077 .154 .231
1974 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1975 12 25 22 1 6 4 0 0 10 1 0 1 0 0 2 0 1 6 0 .273 .360 .455 .815
1976 94 215 201 25 56 13 0 7 90 24 3 1 1 1 11 1 1 40 6 .279 .318 .448 .766
1977 125 484 433 68 140 28 0 20 228 73 3 3 4 0 45 1 2 68 6 .323 .390 .527 .916
1978 126 518 451 78 147 30 2 23 250 80 2 4 4 4 56 1 3 58 10 .326 .401 .554 .955
1979 89 308 274 32 77 12 2 6 111 40 1 1 2 1 30 1 1 56 5 .281 .353 .405 .758
1980 128 517 460 62 130 24 3 12 196 56 5 6 3 5 47 2 2 88 12 .283 .348 .426 .774
1981 115 432 382 44 103 17 1 9 149 50 7 8 2 1 43 3 4 69 4 .270 .349 .390 .739
1982 92 326 289 33 82 12 6 10 136 35 0 4 4 1 30 1 2 45 4 .284 .354 .471 .825
1983 78 221 195 25 72 13 0 6 103 36 1 2 0 2 24 1 0 21 5 .369 .434 .528 .963
1984 100 309 271 26 74 11 1 6 105 35 0 1 0 0 37 8 1 40 14 .273 .362 .387 .750
1985 93 168 147 12 44 7 1 3 62 17 1 1 0 0 20 3 1 33 5 .299 .387 .422 .809
1986 69 102 91 3 22 6 0 0 28 14 1 0 0 1 10 3 0 15 3 .242 .314 .308 .621
1987 17 16 16 0 3 0 0 0 3 2 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .188 .188 .188 .375
通算:15年 1147 3656 3247 410 957 178 16 102 1473 463 24 32 20 16 355 25 18 550 75 .295 .366 .454 .820

記録[編集]

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 81 (1972年)
  • 35 (1973年 - 1974年)
  • 63 (1975年 - 1976年)
  • 6 (1977年 - 1987年)
  • 99 (1988年 - 1992年)[6]
  • 78 (1993年 - 2009年、2011年 - 2013年)

登録名[編集]

  • 高木 好一 (たかぎ よしかず、1972年 - 1976年)
  • 高木 嘉一 (たかぎ よしかず、1977年 - 1982年)
  • 高木 由一 (たかぎ よしかず、1983年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 赤坂英一『最後のクジラ:大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生』講談社、2013年、ISBN 4062185415
  2. ^ a b c d e 横浜DeNA:“マシンガン”生みの親、元打撃コーチ・高木由一さん 42年プロ野球人生に幕”. カナロコ by神奈川新聞. 2014年1月28日閲覧。
  3. ^ 週刊ベースボール2013年5月20日、P28
  4. ^ 恩師と慕われた喧嘩のボイヤー(下)”. デイリースポーツ. 2015年2月10日閲覧。
  5. ^ 2014年度 コーチ契約について”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト (2013年10月1日). 2013年10月3日閲覧。
  6. ^ 漫画等の創作物では、1960年代後半頃から1970年代にかけて、「巨人の星」で大洋の選手として登場していた左門豊作の背番号として使われ、その後1986年から1988年にかけて、漫画「男の自画像」で登場した加賀文明の背番号として使われていたが、同球団の在籍者が実際に使用したのはこれが初めてだった。

関連項目[編集]