高木義人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高木義人

高木 義人(たかぎ よしと、1886年明治19年)4月10日[1] - 1956年昭和31年)8月15日[2])は、日本の陸軍中将衆議院議員

経歴[編集]

長野県南安曇郡高家村(現在の安曇野市)出身[3]1907年(明治40年)5月、陸軍士官学校(19期)[1][4]を卒業し、同年12月、歩兵少尉に任官[4]1914年大正3年)には陸軍大学校(26期)[1][5]を卒業した[2]浦塩派遣軍参謀参謀本部員、第14師団参謀、第6師団参謀、台湾歩兵第1連隊大隊長、奉天独立守備第2大隊長、福井連隊区司令官、歩兵第26連隊長、第8師団参謀長、歩兵第39旅団長などを歴任し、1938年(昭和13年)7月15日には留守第2師団長に就任し[1][5]1939年(昭和14年)3月9日陸軍中将に進級した[1][3][6][7]。その間、シベリア出兵満州事変日中戦争に従軍した[3][6]1940年(昭和15年)10月31日、予備役編入[1][5][7]

1942年(昭和17年)、第21回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

1945年(昭和20年)4月1日、召集されて仙台師管区司令官に補され[1][5]、同時に衆議院議員を退職となる[8]。敗戦により同年12月1日に復職[9]。その後は公職追放となった[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『日本陸軍将官辞典』416-417頁。
  2. ^ a b 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』238、242頁。
  5. ^ a b c d 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』242頁。
  6. ^ a b 『翼賛議員銘鑑』p.240
  7. ^ a b 『人事興信録 第14版(下)』タ101頁
  8. ^ 『議会制度百年史 - 院内会派編衆議院の部』499頁
  9. ^ 『議会制度百年史 - 院内会派編衆議院の部』518頁
  10. ^ 公職追放の該当事項は「推薦議員」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、616頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』衆議院事務局、1942年。
  • 『人事興信録 第十四版(下)』人事興信所、1943年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1962年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。