高木賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高木 賢(たかぎ まさる、1943年(昭和18年)8月14日 - )は、日本農林官僚。元食糧庁長官弁護士

略歴[編集]

  • 1966年(昭和41年):国家公務員採用上級甲種試験法律職合格[1]
  • 1967年(昭和42年):東京大学法学部卒業
  • 1967年(昭和42年)4月:農林省 採用
  • 1984年(昭和59年)2月1日:農林水産省農蚕園芸局繭糸課長[2]
  • 1985年(昭和60年)8月9日:農林水産省 辞職[3]
  • 島根県農林水産部長
  • 1988年(昭和63年)4月1日:農林水産省大臣官房付 採用[4]
  • 1988年(昭和63年)4月12日:林野庁林政部木材流通課長[5]
  • 1989年(平成元年)4月1日:林野庁林政部企画課長[6]
  • 1991年(平成3年)5月1日:林野庁林政部林政課長[7]
  • 1992年(平成4年)7月21日:農林水産省大臣官房企画室長[8]
  • 1993年(平成5年)7月6日:農林水産省構造改善局農政部長[9]
  • 1995年(平成7年)3月30日:内閣官房内閣内政審議室 併任[10]
  • 1995年(平成7年)7月7日:農林水産省大臣官房総務審議官[11]
  • 1996年(平成8年)1月10日:農林水産省農産園芸局長[12]
  • 1998年(平成10年)7月3日:農林水産大臣官房長[13]
  • 1999年(平成11年)7月30日:食糧庁長官[14]
  • 2002年(平成14年)10月:弁護士登録(第二東京弁護士会)
  • 2003年(平成15年)6月:株式会社インテージ監査役
  • 2005年(平成17年)7月:財団法人大日本蚕糸会会頭理事(現・一般財団法人大日本蚕糸会代表理事会頭)
  • 2011年(平成23年)4月:公立大学法人高崎経済大学理事長

注釈[編集]

  1. ^ 「昭和41年度国家公務員採用上級(甲種・乙種)試験合格者」、昭和41年9月22日付『官報』第11934号、12頁。
  2. ^ 昭和59年2月2日付『官報』第17096号、14頁。
  3. ^ 昭和60年8月12日付『官報』第17552号、6頁。
  4. ^ 昭和63年4月4日付『官報』第18334号、8頁。
  5. ^ 昭和63年4月13日付『官報』第18342号、6頁。
  6. ^ 平成元年4月4日付『官報』第65号、14頁。
  7. ^ 平成3年5月7日付『官報』第630号、6頁。
  8. ^ 平成4年7月23日付『官報』第958号、7頁。
  9. ^ 平成5年7月14日付『官報』第1196号、13頁。
  10. ^ 平成7年4月3日付『官報』第1616号、10頁。
  11. ^ 平成7年7月13日付『官報』第1686号、10頁。
  12. ^ 平成8年1月11日付『官報』第1808号、11頁。
  13. ^ 平成10年7月14日付『官報』第2423号、8頁。
  14. ^ 平成11年8月6日付『官報』第2683号、11頁。
先代:
堤英隆
農林水産大臣官房長
1998年 - 1999年
次代:
竹中美晴
先代:
堤英隆
食糧庁長官
1999年 - 2001年
次代:
石原葵