高本研一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高本 研一(たかもと けんいち、1926年7月25日 - 2010年10月30日[1])は、ドイツ文学者、東京都立大学名誉教授。

略歴[編集]

埼玉県生まれ。東京大学独文科卒。新潟大学助教授をへて都立大学教授。ギュンター・グラスの翻訳者として知られる。

2010年10月30日、老衰で死去。84歳没[1]

翻訳[編集]

  • 現代文学 文学史に代えて ヴァルター・イエンス 川村二郎、鈴木武樹、円子修平中野孝次岩淵達治共訳 紀伊国屋書店 1961
  • 赤毛の女 アルフレート・アンデルシュ 白水社 1964
  • 変身 カフカ ドイツの文学 三修社 1966
  • ブリキの太鼓 ギュンター・グラス 世界文学全集 集英社 1967、のち文庫 
  • ルカーチ著作集 第2 小説の理論 大久保健治藤本淳雄共訳 白水社 1968
  • 猫と鼠 グラス 集英社 1968 (現代の世界文学) のち文庫 
  • 自明のことについて ギュンター・グラス 宮原朗共訳 集英社 1970
  • 局部麻酔をかけられて ギュンター・グラス 集英社 1972 (現代の世界文学)
  • 郷愁 ヘッセ 世界文学全集 集英社 1973
  • 蝸牛の日記から ギュンター・グラス 集英社 1976 (現代の世界文学)
  • マゾッホ選集 3 ガリチア物語 桃源社 1976
  • ひらめ ギュンター・グラス 宮原朗共訳 集英社 1981 (現代の世界文学)
  • テルクテの出会い ギュンター・グラス 集英社 1983 (現代の世界文学)
  • ドイツ統一問題について ギュンター・グラス 中央公論社 1990
  • ヨーロッパ文学評論集 E・R・クルツィウス、川村二郎、円子修平、小竹澄江、松浦憲作共訳 みすず書房、1991
  • 鈴蛙の呼び声 ギュンター・グラス 依岡隆児共訳 集英社 1994
  • 女ねずみ ギュンター・グラス 依岡隆児共訳 国書刊行会 1994
  • ギュンター・グラスの40年 仕事場からの報告 斎藤寛共訳 法政大学出版局 1996

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高本研一氏=ドイツ文学者 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)