高杉徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高杉 徹
たかすぎ とおる
生年月日 (1953-08-13) 1953年8月13日(65歳)[1]
出生地 日本の旗 日本茨城県常総市水海道宝町[1]
所属政党 無所属[2]
親族 高杉廸忠(父親)

当選回数 1回
在任期間 2012年8月3日 - 2016年8月2日[3]

Flag of Joso Ibaraki.JPG 常総市議会議員
当選回数 2回[4][2]

Flag of Mikkaido Ibaraki.png 水海道市議会議員
当選回数 2回[4]
在任期間 1989年[4][1] -
テンプレートを表示

高杉 徹(たかすぎ とおる、1953年8月13日 - )は、日本政治家茨城県常総市長(1期)。中小企業診断士社会保険労務士協同組合茨城県中小企業労務協会理事長[1]

経歴[編集]

水海道市立水海道小学校、水海道市立水海道中学校、茨城県立水海道第一高等学校を経て、1977年早稲田大学卒業。1985年日本社会事業大学研究科卒業[1]

1977年から1989年まで、実父で参議院議員高杉廸忠秘書を務めた[1][4]。1989年より茨城県中小企業労務協会に勤務し、社会保険労務士として活動した[4]

水海道市議2期、常総市議2期を務め、2012年6月辞任。同年7月の常総市長選挙に、ハコモノ打ち切り、震災復興優先などを掲げ立候補し初当選した。2016年の市長選で落選。

選挙の結果[編集]

2012年常総市長選挙

2012年7月8日執行。自民党公明党の推薦を受けた現職の長谷川典子を僅差で破り初当選した。投票率は水海道市時代を含めて過去最低だった[5]

※当日有権者数:51,091人 最終投票率:59.61%(前回比:-15.06ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
高杉徹58無所属15,262票50.65%
長谷川典子69無所属14,873票49.35%(推薦)自民党公明党
2016年常総市長選挙

2016年7月10日執行。元県議の神達岳志ら3候補との戦いとなったが、次点で落選[6]

※当日有権者数:50,565人 最終投票率:63.83%(前回比:4.22ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
神達岳志47無所属12,807票40.09%(推薦)自民党・日本のこころを大切にする党
高杉徹62無所属11,608票36.34%
遠藤章江52無所属5,761票18.03%
染谷修司72無所属1,768票5.53%(推薦)日本共産党

政策・人物[編集]

  • 公約であった市長給与50%カットを2012年9月の定例市議会に提案、成立させた[7]
  • 著書に『寝かせたきり老人のいないまち』(学陽書房、1990年11月)がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
長谷川典子
Flag of Joso Ibaraki.JPG 常総市
2012年 - 2016年
次代:
神達岳志