高松市立太田小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高松市立太田小学校
過去の名称 太田村立太田尋常小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 Flag of Takamatsu, Kagawa.svg高松市
併合学校 太田尋常小学校
伏石尋常小学校
今里簡易小学校
設立年月日 1897年4月1日
共学・別学 男女共学
所在地 761-8071
香川県高松市伏石町845番地1
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

高松市立太田小学校(たかまつしりつ おおたしょうがっこう)は、香川県高松市伏石町にある市立小学校

概要[編集]

高松市の中部、南北に細長い太田地区のほぼ中央に位置している。周辺は戦後高松市のベッドタウンとして人口が急増し、2回にわたって校区内に新校が設置されて校区が分割されている。

全校児童数は一貫して増加を続け、2009年度には900人を突破した。また、高松市内の公私全58小学校中、栗林・太田南・国分寺南部に次いで第4位の児童数であり、このまま増加を続ければ2009年時点において僅差であった国分寺南部小を抜いて第3位になる勢いである。

学校データ[編集]

  • 児童数:910人(2009年度[1]
  • 児童愛称:太田っ子
学校施設(2008年5月1日時点)[1]
  • 普通教室:26教室
  • 特別教室:12教室
  • 校舎面積:6181m2
  • 体育館面積:1053m2
服装規定[2]
  • 制服:あり(通年必用)
  • 防寒着:厳冬時着用可能

歴史[編集]

年表[編集]

  • 1897年明治30年)4月1日 - 太田尋常小学校・伏石尋常小学校・今里簡易小学校を統合し、太田村立太田尋常小学校開校。新校舎を現在位置に完成。児童数267名。
  • 1947年昭和22年)4月1日 - 高松市立太田小学校に改称。PTA発足。
  • 1956年(昭和31年) - プール設置(25m×4コース)。校歌制定。
  • 1968年(昭和43年)3月 - 運動場用地500坪買収。
  • 1968年(昭和43年)11月 - 西運動場用地1333坪買収。
  • 1974年(昭和49年)4月1日 - 校区内に高松市立中央小学校新設。校区指定変更によって211名転出。
  • 1976年(昭和51年)4月1日 - 校区内に高松市立太田南小学校新設。校区指定変更によって724名転出。

全校児童数の推移[編集]

太田小学校の児童数は年々増加している[3][1]

  • 1999年度:753人
  • 2000年度:755人(+2人)
  • 2001年度:766人(+11人)
  • 2002年度:809人(+43人)
  • 2003年度:773人(-36人)
  • 2004年度:804人(+31人)
  • 2005年度:849人(+45人)
  • 2006年度:852人(+3人)
  • 2007年度:859人(+7人)
  • 2008年度:893人(+34人)
  • 2009年度:910人(+17人)

教育目標[編集]

  • 自己を拓き、ともに生きる心豊かな児童の育成
スローガン
  • 思いあい、高めあおう
児童像
  • 素直でやさしい子:利他の心・他者理解・協力協働・自己認識
  • 考えて行動する子:主体性・創造性・責任感・社会性
  • がんばりぬく子:健康な心・たくましい体・我慢強さ・はつらつさ

通学区域[編集]

通学区域は高松市太田地区の一部[4]。卒業後の進学先中学校が異なる2地域に分けて記載する。

1.
今里町
今里町一丁目(栗林小学校区を除く)
伏石町987番地~1044番地、1296番地~1429番地、1499番地, 1515番地~1620番地、2001番地~2054番地
三条町61番地~71番地、314番地~526番地、533番地~676番地、694番地3
2.
伏石町707番地~743番地、838番地2・6、839番地2・4、842番地~985番地、1045番地~1088番地、2055番地~2077番地、2087番地~2090番地、2108番地~2112番地、2124番地~2127番地
三条町14番地~60番地、72番地~313番地、527番地1、528番地、531番地、532番地
太田下町(太田南小学校区を除く)

進学先中学校[編集]

校区内の主な施設[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]